ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 NAVER時価総額が大幅増 LINEの経営統合も後押し。韓国の経済ニュース
KONEST

NAVER時価総額が大幅増 LINEの経営統合も後押し

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国IT(情報技術)大手、NAVER(ネイバー)の株式時価総額が、株価の急上昇を追い風に今年だけで10兆ウォン(約9430億円)近く増加した。日本子会社のLINEと検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングスが経営統合で合意したことも後押しした。

 韓国取引所によると、26日の終値18万500ウォンを基準にしたNAVERの時価総額は29兆7488億ウォンと、株式市場(有価証券市場)で優先株を除きサムスン電子、SKハイニックスに次いで3位だった。26日終値基準の時価総額は、2018年末(20兆1072億ウォン)に比べ9兆6416億ウォン増えた。

 NAVERの時価総額順位は18年末に10位、19年6月末に13位まで落ち込んだが、再び躍進して10月31日に初めて終値基準で3位となった。11月下旬からは3位をキープしている。

 NAVERの株価は19年7~9月期の好業績で本業の成果に対する期待が継続するなか、子会社の価値が際立つようになり、本格的な上昇気流に乗った。

 同社が10月末に発表した7~9月期連結決算で、本業のもうけを示す営業利益は日本事業の赤字減少や人工知能(AI)技術導入の成果などに支えられ、8期ぶりに前期比で増加に転じた。 

 また、市場では日本のLINEと「ヤフー」を展開するZホールディングスが経営統合で合意したことや、子会社のNAVER FINANCIAL(ネイバーファイナンシャル)が証券会社から投資を受けることなどが好感された。

 NAVERの20年の業績と株価の見通しも比較的明るい。

 証券会社の関係者は「今年10~12月期の業績で広告、電子商取引、ペイ(決済サービス)、電子漫画など複数部門の成長性が確認されるだろう」と述べ、この業績発表が再び株価を押し上げると予想した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年12月27日 11:08
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
TXT新アルバム 200万枚突破
「ガルプラ」男性版 今晩から放送
ギャラクシーS23の強化ポイント
チェジュ航空 松山・静岡線再開
ニュージーンズ 韓国チャート独占
江南都心空港ターミナルが閉業
1月の消費者物価上層率5.2%
ストレイキッズ 仏音楽祭に出演
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
BTS 米キッズ・アワード候補に
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]