韓国旅行「コネスト」 ナッツ姫「弟の趙源泰会長、共同経営の遺訓に反する」…韓進グループで姉弟戦争開始か。韓国の経済ニュース
KONEST

ナッツ姫「弟の趙源泰会長、共同経営の遺訓に反する」…韓進グループで姉弟戦争開始か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
趙顕娥(チョ・ヒョンア)元大韓航空副社長が弟の趙源泰(チョ・ウォンテ)韓進(ハンジン)グループ会長に対し、父・故趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の意に反してグループを運営していると主張した。これを受け、今後、韓進グループの姉弟間の経営権紛争に発展するかどうかが注目される。

趙元副社長の法律代理人の法務法人ワンは23日、「韓進グループの現状況に対する趙顕娥の立場」という資料を出し、「趙源泰代表取締役が共同経営の遺訓に反して韓進グループを運営し、現在も家族間の協議に無誠意と遅延で一貫している」と明らかにした。

法務法人ワンは「趙元副社長はその間、個人的な問題について謝罪の言葉を伝えてきた」とし「ただ、韓進KALとその系列会社(以下、韓進グループ)の現在の経営状況に関連し、やむを得ず法律代理人を通じて立場を明らかにすることになった」と伝えた。

そして「趙前副社長は故趙亮鎬会長の相続人の一人であり、韓進グループの株主として先代会長の遺志を継いで韓進グループを持続的に成長・発展させようという意志を持ち、これに深い責任感を感じている」とし「先代会長は生前に家族が協力して共同で韓進グループを運営してほしいと述べるなど、家族に和合を通じた共同経営の遺志を伝えた」と説明した。

さらに「先代会長は臨終直前にも3人の姉弟妹が共にうまくやっていくように改めてその考えをを明らかにした」とし「趙前副社長は先代会長の遺訓を守って、家族が和合して韓進グループを経営していかなければいけないという考えで、弟の趙源泰株式会社韓進KAL代表取締役はもちろん、他の家族とも共同経営案について誠実に協議してきた」と話した。

法務法人ワンは「韓進グループは先代会長の遺訓と違う方向に進んでいる」とし「相続人の間の実質的な合意や十分な議論なく公正取引委員会で大規模な企業集団の同一人(総帥)が指定され、趙前副社長の復帰などについて趙前副社長との間にいかなる合意もなかったにもかかわらず、対外的には合意があったように公表された」と指摘した。

続いて「趙前副社長と法律代理人が繰り返し要請したが、最小限の事前協議もせず、経営上の重要事項が決定されて発表された」と明らかにした。

法務法人ワンは「これに対し趙前副社長は韓進グループの株主および先代会長の相続人として先代会長の遺訓に基づき韓進グループの発展を積極的に模索するために、今後、さまざまな株主の意見を聞いて協議を進めていこうと思う」と伝えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年12月23日 14:36
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国語能力試験の志願者数が過去最多
解散の元X1メンバー、ファンミ開催
カンジャンケジャンの悲しい詩とは?
麟蹄ワカサギ祭り、18日から開催
韓流イベントKCON、幕張メッセで
政府「北朝鮮個人旅行」前向きに検討
韓国野球、世界ランキング3位を維持
シム・ウンギョン、日本で主演女優賞
地下鉄9号線の運行体系変更
外国人客対象のコリアグランドセール
週間アクセスランキング
地下鉄9号線の運行体系変更
20.01.16
シム・ウンギョン、日本で主演女...
20.01.17
EXOチェン、結婚と相手の妊娠発表
20.01.13
カンジャンケジャンの悲しい詩と...
20.01.17
女優ソン・ソンミが訴訟2審でも...
20.01.15
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]