韓国旅行「コネスト」 2019韓国映画TOP10…最高のヒット作は?。韓国の芸能ニュース
KONEST

2019韓国映画TOP10…最高のヒット作は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2019年韓国映画(洋画除外)最高のヒット作の映画は何だろうか? 映画振興委員会の韓国映画「統合コンピュータ・ネットワーク」を通じて今年一年間興行した韓国映画トップ10(洋画除外)を調べた。

1位は映画『エクストリーム・ジョブ』だった。1000万観客をはるかに超えた歴代2位にあたる1626万人の観客を動員し、2019年ヒット1位にのぼった。各種パロディ物と流行語を誕生させた。韓国映画最初にカンヌ映画祭でパルムドールを受けたポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族』が2位に選ばれた。『パラサイト』は興行でも1008万人の観客を動員して作品性と興行性を同時に認められた。韓国映画で初めてアカデミー賞にノミネートされて受賞の可能性も占われている。

3位は「タタタ~タタ~」というモールス信号を流行させた映画『EXIT イグジット』が占めた。序盤の興行成績は振るわなかったが、観客の口コミで942万人の観客を動員した。引き続き映画『鳳梧(ポンオ)洞戦闘』(478万人)、『悪いやつら:ザ・ムービー』(457万人)が4位と5位に選ばれた。話題の同名小説を映画化した『82年生まれ、キム・ジヨン』は公開前から低い評価を受け韓国社会を襲ったジェンダー対立の様相を呈したこともあるが、367万人の観客を動員して6位を占めた。

続いて『金の亡者たち』(338万人)、『悪人伝』(336万人)、『最も普通の恋愛』(292万人)、『言葉集め』(281万人)が順に7~10位を占めて韓国映画のヒット上位10位入りした。だが、洋画を含む劇場興行上位10位をみると、韓国映画は4本(『エクストリーム・ジョブ』『パラサイト』『EXIT』『鳳梧洞戦闘』)だった。特に、『アベンジャーズ/エンドゲーム』『アラジン』『アナと雪の女王2』などディズニーの映画3本は合わせて1000万以上の観客を動員して洋画強勢の雰囲気を続けた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年12月19日 11:50
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国語能力試験の志願者数が過去最多
解散の元X1メンバー、ファンミ開催
カンジャンケジャンの悲しい詩とは?
麟蹄ワカサギ祭り、18日から開催
韓流イベントKCON、幕張メッセで
政府「北朝鮮個人旅行」前向きに検討
韓国野球、世界ランキング3位を維持
シム・ウンギョン、日本で主演女優賞
地下鉄9号線の運行体系変更
外国人客対象のコリアグランドセール
週間アクセスランキング
地下鉄9号線の運行体系変更
20.01.16
シム・ウンギョン、日本で主演女...
20.01.17
EXOチェン、結婚と相手の妊娠発表
20.01.13
カンジャンケジャンの悲しい詩と...
20.01.17
女優ソン・ソンミが訴訟2審でも...
20.01.15
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]