韓国旅行「コネスト」 文大統領「南北平和メッセージに感謝」 ボノさん「平和への決意に敬意」。韓国の政治ニュース
KONEST

文大統領「南北平和メッセージに感謝」 ボノさん「平和への決意に敬意」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が9日、アイルランド出身のロックバンド「U2」のリーダーで社会運動家のボノさん(本名ポール・デビッド・ヒューソン)に会い、「公演の途中に南北の平和と統一を望むメッセージを送ってくれた」として感謝の意を表した。世界的なロックバンドU2は前日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームでデビュー43年目にして初めて来韓公演を行った。文大統領夫人の金正淑(キム・ジョンスク)氏も高尺(コチョク)ドームを訪れ、U2の公演を観覧した。

文大統領は会談で、金正淑氏が公演を観覧したことを伝えながら「非常に立派な公演だったと聞いた。韓国公演の成功をお祝いしたい」と述べた。続いてU2の曲「Sunday Bloody Sunday」に言及し、「アイルランドの状況を歌ったものだが、韓国人が共感できるメッセージが込められている。韓国戦争(朝鮮戦争)が勃発した日も日曜日だった」と共感を表した。また「昨日は立派な公演だけでなく、公演中に南北の平和と統一を祈るメッセージもあった」とし「ドイツの統一後、韓国国民も南北の平和と統一を望む熱望が強まった」と伝えた。

前日、ボノさんはベルリンの壁の崩壊からインスピレーションを受けて作った曲「One」をエンディング曲として歌い、「平和へ向かう道は私たちが一つになって努力する時に見つけることができる」と呼びかけた。ボノさんは「One」を歌う前、「北側に愛のメッセージ、平和の祈りを送る」と伝えた。

文大統領は「#MeToo運動」など韓国社会に対するメッセージを送ったことにも謝意を表した。文大統領は「特に、まだ完全に平等とは見ることができない女性たちのために(公演中に) 『みんなが平等になるまで誰も平等ではない』というメッセージを出したことにも共感し、感謝する」と述べた。

U2は前日、最近亡くなった歌手ソルリと#MeToo運動を触発したソ・ジヒョン検事、日帝強占期に先駆的に女性解放を主唱した画家ナ・ヘソクらの顔をスクリーンに映し出し、女性問題に対するメッセージを投げかけた。

ボノさんは「大統領が平和プロセスに大変な努力をし、リーダーシップを見せたことに感謝の言葉を述べたい」とし「このような平和が夢想ではなく本当に実現するよう最後まで強い決意を持って取り組んでいることを知っている。敬意を表する」と述べた。続いて「私はアイルランド出身なのでこの過程についてよく知っている」と話した。

ボノさんは「大統領が韓国経済、漢江(ハンガン)の奇跡を維持するために指導力を発揮してきたことに敬意を表する。このような繁栄がさらに包容的かつ透明になるよう取り組んでいることをよく知っている」とし「国際開発援助において大統領が関心を持って努力されていることにも感謝している。また、ベルリンでも立派な演説をされた」と話した。

U2はグラミー賞を計22回受賞した有名なバンドで、さまざまな政治・社会的懸案に意見を述べてきた。リーダーでありボーカルであるボノさんは貧困撲滅キャンペーンに積極的に取り組み、過去にノーベル平和賞候補になったりもした。

この日の会談には青瓦台から朴哲民(パク・チョルミン)外交政策秘書官、梁現美(ヤン・ヒョンミ)文化秘書官、高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が、ボノさん側からはアマンダ・トロカラー対外関係マネージャーが出席した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年12月09日 15:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国からの全入国者に「健康質問書」
詩人尹東柱しのぶ献花式と講演会
名節後に離婚30%増える
ソウル・敦化門路「第2の仁寺洞」に
BLACKPINK韓服姿で新年挨拶
世界の「韓流」を紹介する展示会
ワンオク4月にソウル公演
旧正月連休多彩なイベント開催
BTSグラミー賞授賞式で公演
SJイトゥク アイドル初料理本出版
週間アクセスランキング
日本の若者に第3次韓流ブーム
20.01.22
不倫物議・唐田えりかの韓国での...
20.01.23
東山サリー著・新書籍発売
20.01.21
リュ・シウォン、2月一般女性と...
20.01.23
旧正月の人気旅行先1位は日本
20.01.21
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]