韓国旅行「コネスト」 朴槿恵前大統領、78日ぶり退院後また収監…金淇春元秘書室長は出所。韓国の政治ニュース
KONEST

朴槿恵前大統領、78日ぶり退院後また収監…金淇春元秘書室長は出所

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
朴槿恵(パク・クネ)前大統領(67)がソウル盤浦洞(パンポドン)ソウル聖母病院で肩の治療を終え、3日にソウル拘置所に戻った。治療のため入院してから78日ぶりだ。

法務部はこの日午後1時45分ごろ、医療スタッフの所見を勘案し、朴前大統領をソウル拘置所に再収監したと明らかにした。法務部は朴前大統領が肩の関節部位の筋肉を痛めて左腕をほとんど使えない状態である点を勘案し、9月16日に外部病院への入院を認めた。朴前大統領は入院翌日に手術を受け、2カ月以上にわたりリハビリ治療を受けてきた。

朴前大統領を補佐した金淇春(キム・ギチュン)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)秘書室長は4日午前0時、東部拘置所から出所した。昨年10月5日に再収監されてから425日ぶりだ。

法曹界によると、大法院(最高裁)は11月28日、今月4日付で金元室長の拘束取消を決定した。金元室長は保守団体支援容疑のいわゆる「ホワイトリスト」事件で、4月12日に二審で懲役1年6月を言い渡され、拘置所に収監されていた。金元室長の事件を審理中の大法院は拘束期間をこれ以上延長できない4日付で拘束取消を決定した。

これを受け、金元室長はホワイトリスト事件だけでなく文化・芸術家排除名簿(ブラックリスト)作成指示の容疑などに対する大法院の裁判も拘束なく受ける見通しだ。

金元室長が拘置所で過ごした日数は1000日に近い。金元室長は2017年1月21日に拘束された後、昨年8月に拘束期限の満了で562日ぶりに釈放された。しかし全国経済人連合会(全経連)に圧力を加えて保守団体を支援した容疑が認められ、61日ぶりにまた拘束された。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年12月04日 10:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国語能力試験の志願者数が過去最多
解散の元X1メンバー、ファンミ開催
カンジャンケジャンの悲しい詩とは?
麟蹄ワカサギ祭り、18日から開催
韓流イベントKCON、幕張メッセで
政府「北朝鮮個人旅行」前向きに検討
韓国野球、世界ランキング3位を維持
シム・ウンギョン、日本で主演女優賞
地下鉄9号線の運行体系変更
外国人客対象のコリアグランドセール
週間アクセスランキング
地下鉄9号線の運行体系変更
20.01.16
シム・ウンギョン、日本で主演女...
20.01.17
EXOチェン、結婚と相手の妊娠発表
20.01.13
カンジャンケジャンの悲しい詩と...
20.01.17
女優ソン・ソンミが訴訟2審でも...
20.01.15
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]