韓国旅行「コネスト」 大学入試の公正性を強化 修学能力試験での合格者増員へ=韓国政府。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

大学入試の公正性を強化 修学能力試験での合格者増員へ=韓国政府

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国教育部は28日、「大学入試制度の公正性強化案」を発表し、ソウルの16大学について、現在の中学3年生が受けることになる2023年度入試までに大学修学能力試験(日本のセンター試験に相当)により選ぶ新入生の割合を増やす方針を示した。

大学入試には随時募集と定時募集がある。定時は大学修学能力試験を中心とした選考で、2000年度は新入生の96.6%を占めていたが、随時が導入された後、10年度は42.1%、15年度は35.8%、20年度は22.7%と低下している。一方、随時は授業科目の成績を評価する「学生簿教科」のほかに、授業科目以外の活動を総合評価する「学生簿総合」や、論述による選考が行われている。

 今回の公正性強化案は、随時の学生簿総合と論述による選考の割合が新入生全体の45%以上を占めているソウルの16大学で、定時の割合を全体の40%以上に拡大するという目標を盛り込んだ。23年度には2万人以上が定時で選ばれることになる。選考の公正性向上に向けた入試制度改編議論の結果を踏まえたものだ。

 政府は定時拡大に向け、「高校教育の寄与大学」支援事業を活用する。これは入学選考を単純化し、公正性と透明性を高めた大学に財政支援する事業。23年度までの定時40%達成の計画書を提出した大学に、同事業への参加資格を与える考えだ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年11月28日 14:30

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国からの全入国者に「健康質問書」
詩人尹東柱しのぶ献花式と講演会
名節後に離婚30%増える
ソウル・敦化門路「第2の仁寺洞」に
BLACKPINK韓服姿で新年挨拶
世界の「韓流」を紹介する展示会
ワンオク4月にソウル公演
旧正月連休多彩なイベント開催
BTSグラミー賞授賞式で公演
SJイトゥク アイドル初料理本出版
週間アクセスランキング
日本の若者に第3次韓流ブーム
20.01.22
不倫物議・唐田えりかの韓国での...
20.01.23
東山サリー著・新書籍発売
20.01.21
リュ・シウォン、2月一般女性と...
20.01.23
旧正月の人気旅行先1位は日本
20.01.21
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]