韓国旅行「コネスト」 PM2.5で早死にする高齢者、2030年にソウルだけで2000人超える。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

PM2.5で早死にする高齢者、2030年にソウルだけで2000人超える

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
微小粒子状物質(PM 2.5)の影響で早期に死亡する高齢者数が2030年にはソウルだけで年間2000人を超えるという見通しが出てきた。

ソウル研究院が20日に発表した「高齢化と微小粒子状物質健康影響」と題する政策報告書によると、世界保健機関(WHO)勧告基準を超過するPM2.5の健康上の悪影響で期待寿命に満たず死亡する満65歳以上の高齢者数は2030年に年間2133人に達すると分析された。

これは国民健康保険公団の標本コホート(同一集団)データ資料を基にソウル市のPM2.5濃度が2015年水準を維持すると仮定して推定した結果だ。2015年にソウル市のPM2.5年平均濃度は1立方メートル当たり23マイクログラムで、WHOの勧告基準である10マイクログラムを13マイクログラム超過した。

研究の結果、PM2.5の年平均濃度が10マイクログラム上昇するとソウル市の高齢者が環境性疾患で死亡するリスクが13.9%増えた。特に男性、低所得者、高齢者の死亡リスクが大幅に上昇することが明らかになった。

疾患別では、虚血性心臓疾患と脳血管疾患による死亡リスクがPM2.5濃度により有意に増加した。

報告書は「高齢者は環境汚染に相対的に弱いが、急激な高齢化によりPM2.5が高齢者の健康に及ぼす悪影響がさらに大きくなる可能性が高い。ソウル市はPM2.5の健康への影響と疾病管理体系整備、高齢者の主要活動地域の排出源管理、高齢者に合わせた教育などPM2.5から高齢者を実質的に保護する対策を用意する必要がある」と助言した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年11月20日 09:23
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国からの全入国者に「健康質問書」
詩人尹東柱しのぶ献花式と講演会
名節後に離婚30%増える
ソウル・敦化門路「第2の仁寺洞」に
BLACKPINK韓服姿で新年挨拶
世界の「韓流」を紹介する展示会
ワンオク4月にソウル公演
旧正月連休多彩なイベント開催
BTSグラミー賞授賞式で公演
SJイトゥク アイドル初料理本出版
週間アクセスランキング
日本の若者に第3次韓流ブーム
20.01.22
不倫物議・唐田えりかの韓国での...
20.01.23
東山サリー著・新書籍発売
20.01.21
リュ・シウォン、2月一般女性と...
20.01.23
旧正月の人気旅行先1位は日本
20.01.21
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]