韓国旅行「コネスト」 プレミア12・稲葉監督「日本と韓国は紙一重」。韓国のスポーツニュース
KONEST

プレミア12・稲葉監督「日本と韓国は紙一重」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
優勝を果たした日本野球代表の稲葉篤紀監督(47)が準優勝チームの韓国に礼儀を見せた。

稲葉監督が率いる日本代表は17日、東京ドームで行われた2019世界野球ソフトボール連盟(WBSC)プレミア12の決勝戦で韓国に5-3で逆転勝ちした。これで日本は前日のスーパーラウンド最終戦に続いて韓日戦2連勝で優勝した。今大会8試合で米国に敗れた1敗を除いて7勝をマークした。圧倒的な競技力だ。

一方、前大会優勝チームの韓国は2日連続で韓日戦で敗れて準優勝となった。2020年東京オリンピック(五輪)本大会出場権を獲得したのが慰めだ。

稲葉監督は試合後、「代表監督に就任してから2年、このプレミア、来年の五輪に優勝したいという思いで過ごしてきた」とし「選手も本当に世界一になりたい思いが強い選手が集まってくれた。選手のおかげで世界一になれたことをうれしく思う」と述べた。

4年前の悔しさを晴らした稲葉監督だ。2015年の第1回大会では準決勝で韓国と対戦し、3-0のリードを守れず3-4で逆転負けした。

稲葉監督は「韓国はやはり強いチームだと改めて感じた。今回2試合勝ったが、本当に紙一重だったと思う」と評価し、「五輪も非常にいい戦いになっていくと思う。今回のメンバーも踏まえ、反省もしていきながら、来年の彼らのプレーも見ていきながら、これから考えていきたいと思う」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年11月18日 08:27
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
伝統家屋「韓屋」の歴史館1日開館
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
21.02.25
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]