韓国旅行「コネスト」 白菜の豊作でキムチ売れず。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

白菜の豊作でキムチ売れず

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
白菜の豊作で包装キムチが売れなくなっている。中国製食品に有害物質「メラミン」が混入していた問題による食への不信もキムチ業界の重荷となっている。

主要大型マートでは下半期に入ってキムチの販売が激減した。今年1−3月までEマートの場合、包装キムチの1カ月の販売高は前年同期比で13−18%増だった。売上の減少が始まったのは6月から。特にメラミン問題が浮上した9月にはキムチの販売高が17%も減った。10月(−13%)と11月上旬(−20%)の販売高も大幅に落ち込んだ。

半面、11月の白菜の販売高は8%増えた。Eマートのキム・ユンソプ課長は「白菜の価格が高騰していた昨年は、包装キムチが食材調達費用よりはるかに安かったため、キムジャン(冬季に備えて大量にキムチを漬けること)をしない家庭が多かった。今年は家庭でキムチを漬けて食べるという消費者が増えたみられる」と説明した。

キムチ専門業者の漢城(ハンソン)食品は自社のショッピングモール「漢城モール」で、来月12日まで各種の包装キムチを15%割引で販売する。10キロ=3万7000ウォン(約2500円)だったキムチの価格が3万2000ウォンに引き下げられた。同社のユン・クァンベチーム長は「キムチの価格は市中の白菜の価格に影響されないが、キムチ材料の値段が安くなり過ぎたので割引イベントを行うほかなかった」と説明した。

CJ第一製糖(チェイルジェダン)の「ハ・ソンジョン・キムチ」はキムチを家庭で漬ける消費者を攻略する方針を決めた。塩に漬けた白菜と消費者の好みに合わせて作ったキムチの薬味を別途で包装した「DIYセット」を販売している。CJ第一製糖のパク・ウニョン・マーケティング部長は「キムチの材料をすべて準備するのは負担になり、包装されたキムチも信頼できないという消費者をターゲットにセット商品を企画した」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月17日 11:02
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数356人
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
コロナ防疫レベル2週間据え置き
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]