韓国旅行「コネスト」 大韓航空 機内での電子たばこ使用に厳しく対応=程度問わず警察に。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

大韓航空 機内での電子たばこ使用に厳しく対応=程度問わず警察に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国航空大手の大韓航空は機内で電子たばこを吸う乗客が相次いでいることを受け、発見時には程度に関わらず、現地警察に引き渡すという内容を盛り込んだ関連規定を28日までに発表した。

 機内での喫煙は厳しく禁じられており、よく守られているものの、最近電子たばこの利用者が増え、機内のトイレなどで喫煙する事例が相次いでいる。

 9月には仁川発ロサンゼルス行きの機内のトイレで乗客が電子たばこを吸い、煙感知器が作動した。乗務員が喫煙を制止したが、乗務員に対する暴言や暴力があったため、ロサンゼルスに到着後、この乗客を現地警察に引き渡した。

 今月も仁川発ヤンゴン行きの機内で乗客が電子たばこを手に持っているのを乗務員が発見し、法で禁止されていると案内したが、座席で電子たばこを吸い、注意してもやめなかったためヤンゴン空港到着後、喫煙者を現地警察に引き渡した。

 大韓航空によると、同社航空機の機内で発生した喫煙に関する違反の事例は2016年の266件から、17年には240件、18年には208件、今年は9月までに120件と減少傾向にある。

 しかし最近になって電子たばこが普及したことで、同たばこによる機内での喫煙が急速に増加している。昨年、機内での喫煙が見つかった事例のうち電子たばこの喫煙は34%程度だったが、今年は54%に増えた。

 韓国法制処(内閣法制局に相当)は2008年に「電子たばこもたばこである」との解釈を示し、機内での電子たばこの使用が全面的に禁止された。電子たばこを機内に持ち込むことはできるが、吸ったり充電したりすることはできない。

 大韓航空関係者は「航空機のトイレに設置された煙感知器は一般のたばこだけでなく、電子たばこの煙も感知することができる」とし、機内での喫煙は電子たばこであっても明白な違法行為と強調した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年10月28日 16:15
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
月刊尹鍾信に竹内美宥の日本語曲収録
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
ロゼ 12日に初ソロシングル発売
グラミー賞候補BTS 授賞式で公演
大統領選の支持率で前検事総長が1位
政党支持率 最大野党が与党上回る
韓国の新規コロナ感染者346人
コロナ 1日の検査件数50万件に
ワクチン接種 開始9日で30人万超
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]