韓国旅行「コネスト」 平壌での南北戦「冷ややかな雰囲気」 ホテルに缶詰め=サッカー韓国代表帰国。韓国のスポーツニュース
KONEST

平壌での南北戦「冷ややかな雰囲気」 ホテルに缶詰め=サッカー韓国代表帰国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【仁川聯合ニュース】サッカーの2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア2次予選で北朝鮮とアウェーで対戦するため平壌で2泊3日した韓国代表が、17日未明に帰国した。選手団長として同行した崔英一(チェ・ヨンイル)大韓サッカー協会副会長は仁川国際空港で報道陣から現地での雰囲気を問われると、「冷ややかだった。寒い、寒い」と答えた。 

 平壌での試合にあたり、大韓サッカー協会は選手の疲労を軽減しようと陸路やチャーター便などいくつかの移動方法を提案したが、北朝鮮側は中国・北京を経由する方法を譲らなかった。そのため一行は13日午後に仁川空港から北京に出発した。

 北京で選手は全員、携帯電話を韓国大使館に預けた。また、トレーニングウエアやソックスなど韓国から持ち込んだものを北朝鮮に置いてきてはいけないという説明も受けた。

 試合前日の14日に平壌入りした後、選手は試合や練習などの公式日程以外は宿泊先の高麗ホテルでのみ過ごした。持って行った食べ物は、事前に届け出をしていなかったという理由ですべて没収され、ホテルで提供される食事だけを取った。

 崔氏は「ホテルの従業員は、ホテルの規定とどう行動すべきかを説明した後はほとんど話さなかった。目を合わせようともせず、質問にもあまり答えなかった」と伝えた。ホテルの外に出られず、外部の人も入ってこれなかったという。インターネットも使えなかった。

 選手は外部と切り離されたような状態でホテルにいた。ただ、主将の孫興民(ソン・フンミン、英トットナム)は「試合前日に現地に入り疲れていた。ホテルにいるしかなかったため、しっかり睡眠を取れて良かった」と振り返った。また、携帯電話がなかったおかげで、選手同士で試合に関することをはじめ、さまざまな話を交わせたという。

 韓国代表とクラブチームの試合で世界中を転戦する孫にとっても、3日間の平壌遠征はめったにない経験となった。孫は「常に良い遠征というわけにはいかない。選手とスタッフ、全員が苦労した」としながら、「今回の北への遠征は忘れられそうにない」と語った。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年10月17日 12:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者数446人
「レモナ」の新モデルはTWICEに
女優イ・ジウンさんが遺体で発見
韓国の消費者物価 OECDで4番目
AZ製ワクチン65歳以上接種可能
DAY6のソンジン、陸軍に入隊
文大統領が国際女性デーにメッセージ
APRILイ・ナウン、ドラマ降板
観光客コロナ以降月平均1万人満たず
光化門広場の西側道路閉鎖 不満続出
週間アクセスランキング
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
電車でハンバーガー食べた女性を立件
21.03.05
ワクチン副反応が新たに860件
21.03.05
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
21.03.05
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]