ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国土地公社が出資の北朝鮮ホテル 開業できず損失2.6億円に。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国土地公社が出資の北朝鮮ホテル 開業できず損失2.6億円に

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国土地住宅公社(LH)が投資し、北朝鮮・開城工業団地に2009年に建設されたハンヌリホテルの累積損失が29億ウォン(約2億6000万円)に達することが、4日までに分かった。南北経済協力事業の同工業団地は現在は操業を中断している。

 国会国土交通委員会所属の最大野党「自由韓国党」の金碩基(キム・ソッキ)議員は、3日に行われたLHに対する国会の国政監査で「ハンヌリホテルの累積損失は深刻で、資産回収などの対策が必要だ」と主張した。

 LHは07年に現代峨山など3社と計120億ウォンを共同出資し、ハンヌリ株式会社を設立。開城工業団地の入居企業などのため、同団地近くに109億ウォンを投じてホテルを建設し、09年6月に完工した。

 だが、08年7月に北朝鮮南東部の景勝地・金剛山を訪れた韓国人観光客が北朝鮮兵により射殺された事件などで南北関係が悪化し、同年11月から現在まで開城観光は禁じられている。また、10年3月に起きた韓国海軍哨戒艦「天安」撃沈事件を受けて韓国政府が同年5月から北朝鮮への独自制裁を行ったことで新規投資が中止され、10年過ぎた現在もホテルは開業できていない。

 金議員は「LHは対北経済制裁などの外部要因によって開業できなかったとしているが、南北関係に友好的な現政権でも事業を推進できないなら、今後ホテルが開業・運営される可能性はさらに低いのではないか」とし、「資産回収策などを設けなければならない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年10月04日 14:13
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]