韓国旅行「コネスト」 「フィギュア」イ・ヘイン、キム・ヨナ以来14年ぶり2大会連続優勝。韓国のスポーツニュース
KONEST

「フィギュア」イ・ヘイン、キム・ヨナ以来14年ぶり2大会連続優勝

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国フィギュア女子シングルのイ・ヘイン〔14、漢江(ハンガン)中〕がジュニアグランプリシリーズで連続優勝を果たした。

イ・ヘインは29日(日本時間)、クロアチア・ザグレブで開かれた2019-2020国際スケート競技連盟(ISU)ジュニアグランプリシリーズ第6戦のフリーで技術点(TES)71.95点、芸術点(PCS)62.16点を獲得し134.11点を記録した。ショートプログラムの69.29点を合わせて計203.40点で優勝した。2・3位はそれぞれダリア・ウサチョワ(197.19点)とアンナ・フロロワ(181.96点、以上ロシア)が占めた。

イ・ヘインは今月7日のジュニアグランプリシリーズ第3戦のラトビア大会で197.63点で金メダルを獲得したことに続き、2大会連続での優勝となった。韓国選手がジュニアグランプリ2大会で連続優勝したのは2005年キム・ヨナ(引退)以降14年ぶりで、韓国選手では2人目となる。

これでイ・ヘインはジュニアグランプリファイナルにも出場できることになった。女子シングルジュニアグランプリファイナルに出場するのも、キム・ヨナとキム・イェリム〔修理(スリ)高〕に続き3人目だ。イ・ヘインはISU公認の200点を突破した韓国女子選手としても名前を残すことになり、これはキム・ヨナ(228.56点)やイム・ウンス(シンヒョン高、205.57点)に続き3人目となる。

イ・ヘインはジャンプ技術をきれいにまとめた。トリプルルッツ-トリプルトーループのコンビネーション・ジャンプを失敗なく成功させ、トリプルループとトリプルフリップ、ダブルアクセルを順番通りクリーンに処理した。加算点がつく後半部に飛んだダブルアクセル-トリプルトーループのコンビネーション・ジャンプ、トリプルルッツ-ダブルトーループ-ダブルループのコンビネーション・ジャンプ、トリプルサルコウを失敗なく演じきった。

イ・ヘインは競技後、「ラトビア大会の時は失敗があって惜しかったが、今大会で良い成績を収めることができて幸せだ。ジュニアグランプリファイナルの舞台に立てることになって光栄。残りの期間、一生懸命に準備したい」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年09月30日 09:14
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
金剛山の観光…身の安全問題解決が先
SOL、敬礼で除隊の認証ショット
SJソンミン、初ソロアルバム発売
新ガールズグループ デビューへ
18年韓国で一番売れた飲み物は?
韓国焼酎フルーツ風味が海外で人気
ジュンス、3年ぶりに「ドラキュラ」
元2NE1のCL、YGと契約終了
韓国・清州、旧工場が文化拠点に一変
済州島で「みかん博覧会」
EXOカムバ画期的なプロモーション
週間アクセスランキング
コスパいいレストラン60店を発表
19.11.07
俳優ホン・ジョンヒョン12月に入...
19.11.05
ジョン・ヨンファ軍時代の写真を...
19.11.06
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
キム・ヨナ明洞でフォトタイム
19.11.06
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]