韓国旅行「コネスト」 カン・ダニエル 専属契約巡り前事務所と和解。韓国の芸能ニュース
KONEST

カン・ダニエル 専属契約巡り前事務所と和解

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の歌手カン・ダニエルの専属契約を巡る前所属事務所との半年以上にわたる係争が解決に至ったことが27日、分かった。芸能界関係者によると、カン・ダニエルと前事務所LMエンターテインメントは韓国演芸マネジメント協会の仲裁で話し合った末、訴訟と仮処分不服申し立ての取り下げや専属契約の解除に合意した。

 カン・ダニエルは音楽専門チャンネルのアイドル発掘番組「プロデュース101 シーズン2」に出演し、期間限定で活動する男性グループWanna One(ワナワン)のメンバーとして2017年8月にデビュー。今年1月のグループ解散後にソロ活動を予定していたが、LMエンターテインメントが専属契約を主張したため、カン・ダニエルは3月に専属契約効力停止の仮処分を申し立てた。ソウル中央地裁は5月に仮処分を認め、カン・ダニエルはソロ活動が可能になり、個人事務所を立ち上げて7月には初ソロアルバムをリリースした。

 一方、LMエンターテインメントは仮処分決定を不服としてソウル高裁に抗告し、カン・ダニエルはテレビやラジオでの活動が制限されていた。

 双方は演芸マネジメント協会の仲裁で話し合い、カン・ダニエルは専属契約効力停止の仮処分申し立てと本訴を、LMエンターテインメントは仮処分決定への不服申し立てを、それぞれ27日付で取り下げることにした。また、LMエンターテインメントはカン・ダニエルの現事務所と新たな活動を認める。今後双方が民事、刑事訴訟を含め、いかなる異議申し立てや措置も取らないことも取り決めた。

 演芸マネジメント協会側は「双方は争いが長引くことで不必要に注目を浴びたり新たな被害が出たりすることを防ごうと、このように決断した」と説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年09月27日 10:44

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で勝訴
BTSのツアー売り上げ約127億円
『プロデュース』の全シーズンねつ造
野球韓国代表に関心見せる日本取材陣
サムスンのスマホ 日本でシェア拡大
TWICE、3年連続紅白歌合戦出演
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で死去
韓国料理2店が4年連続が三つ星獲得
ソン・ジヒョ、ソン・ホジュンと共演
BLACKPINK、次世代スターに
週間アクセスランキング
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
チェ・ジョンフンに懲役5年を求...
19.11.14
ソン・ジヒョ、ソン・ホジュンと...
19.11.14
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]