韓国旅行「コネスト」 ナムジュン・パイク作品 モニター修理し原形保存へ=韓国美術館。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ナムジュン・パイク作品 モニター修理し原形保存へ=韓国美術館

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の国立現代美術館は11日、韓国出身の世界的ビデオアーティスト、ナムジュン・パイク(白南準=ペク・ナムジュン、1932~2006)のビデオアートで昨年2月からモニターの作動を止めている「多多益善」について、原形のまま保存することを骨子とした復元プロジェクトを発表した。作品のブラウン管モニターをできる限り修理・復元し、2022年ごろ再び作動させるとしている。

「多多益善」は1988年に国立現代美術館・果川館の入り口ホールにテレビモニター1003台を五重の塔のように積み上げて設置された高さ18メートルの作品で、ナムジュン・パイクの遺作のうち最も大きい。作品名は「多ければ多いほどいい」という意味を持つ。

 美術館側は2003年に老朽化したモニターを全面交換するなど補修を繰り返したが、昨年2月に火災の危険性などを考慮して作動を止めた。

 その後、国内外の美術機関の専門家と協力して同じようなケースでの対処事例などを調査。美術館側は「調査を経て、亡くなった芸術家の作品復元における最も基本的な姿勢は原形維持であり、これに最善を尽くすことが美術館の任務だという結論に至った。作品は時代性を反映するもので、『多多益善』のブラウン管モニターは20世紀を代表する媒体だ」と説明した。

 ブラウン管モニターは世界的に生産中止となっており、美術館側はモニター修理と同一機種の中古品購入に努めるが、部品が手に入らないなどやむを得ない場合は液晶、発光ダイオード(LED)、有機EL、マイクロLEDなどの最新ディスプレー技術を一部使用する考えだ。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年09月11日 15:19
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
9割超が来年の海外旅行を計画
子どもいない夫婦過去最高46.4%
尹大統領、半導体協力など協議へ
ジョングク10万いいねの最短記録
韓国ユニクロ利益上回る配当
ATEEZ ビルボード200で1位
BTSメンバー2人がきょう入隊
「韓国訪問の年」記念公演に7千人
ドジャース移籍大谷初出場はソウル?
日韓フォトコンに過去最多の応募
週間アクセスランキング
トコジラミ「完全駆除は不可」=韓国
23.12.06
クォン・ウンビ、日本で女優デビュー
23.12.08
ブイとジェニーが破局
23.12.06
BTSのV軍入隊前ヘアスタイル公開
23.12.06
エアソウル高松線、修学旅行に75人
23.12.08
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]