ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 俳優アン・ジェヒョン、結局離婚訴訟へ…「チョン・ジュニョンデマ、浮気疑惑も正したい」。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優アン・ジェヒョン、結局離婚訴訟へ…「チョン・ジュニョンデマ、浮気疑惑も正したい」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優アン・ジェヒョン(32)側が結局、妻の女優ク・ヘソン(35)を相手取って離婚訴訟を提起することにした。「チョン・ジュニョン不法撮影波紋」を公益通報したパン・ジョンヒョン弁護士がアン・ジェヒョンの法律代理人を引き受ける。

5日、聯合ニュースによると、パン弁護士は「アン・ジェヒョンが法的対応を準備する状態になった」として「離婚訴訟を提起し、法的証拠を通じて裁判所の判断を受けることが正しいと結論を付けた」と明らかにした。ただし、現段階ではク・ヘソンを相手取って刑事告訴はしないという立場だ。

パン弁護士はク・ヘソンが4日、SNSを通じて主張した内容の事実関係が間違っている状況だと主張した。「アン・ジェヒョンから受けた資料を検討した結果、ク・ヘソンの発言が相当部分誇張されて歪曲されていることを確認した」としてアン・ジェヒョンをはじめ、第三者にまで名誉毀損の被害が拡散したと強調した。

また、パン弁護士はアン・ジェヒョンをめぐるデマも正したいという意向を明らかにした。デマとは離婚問題とともに浮上した「アン・ジェヒョンがチョン・ジュニョンと親しい」「チョン・ジュニョンのチャットルームメンバーだから性格が見え見えだ」などのことをいう。

パン弁護士は「アン・ジェヒョンが私のところを訪ねてきた。私がチョン・ジュニョン事件に関する公益通報者だったためだ。アン・ジェヒョンはあのデマを正したいと話した」と明らかにした。

同時に「私が当時のチョン・ジュニョンのチャットルームを調べたところ、アン・ジェヒョンとチョン・ジュニョンの対話はなかった」とし「2016年7月19日、チョン・ジュニョンが第三者との対話で『ジェヒョンさんに会っていないのが1年』と話した事実も確認した」と強調した。

この他にも4日、ク・ヘソンが提起したアン・ジェヒョンの浮気疑惑に対しても「明白な虚偽事実」と反論した。特に、ク・ヘソンが言及した「ホテルで女性と夜食を食べている写真」はアン・ジェヒョンが結婚前に交際していた恋人と見られるとし、実際にあれば裁判所に提出してほしいと促した。

パン弁護士は「アン・ジェヒョンは今回の離婚訴訟でク・ヘソンと婚姻関係を整理し、自身をめぐる各種誤解を釈明するだろう」とし、「ク・ヘソンもSNSを通じてこれ以上事実に反する内容を流布しないでほしい」と求めた。

2016年5月結婚したアン・ジェヒョンとク・ヘソンは先月、破局の便りを伝えた。二人は関係が悪化して離婚を話し合う課程で葛藤を表わした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年09月06日 07:41
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]