韓国旅行「コネスト」 7月のモバイル通販取引額が過去最高 飲食サービスなど急増。韓国の経済ニュース
KONEST

7月のモバイル通販取引額が過去最高 飲食サービスなど急増

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国統計庁が4日発表したインターネット通販に関する統計によると、7月のネット通販の取引額は前年同月比15.4%増の11兆1822億ウォン(約9800億円)だった。2001年の統計開始以来、月間で過去3番目に多く、7月としては最高を記録した。

ネット通販の取引額とは、パソコンとスマートフォン(スマホ)などのモバイル端末による取引額の合計を指す。

 ネット通販の取引額は、「家庭の月」の5月に11兆2321億ウォンと過去最高を記録し、6月は10兆5576億ウォンに多少落ち込んだが、7月には再び11兆ウォンを超えた。

 7月の小売販売額(38兆3954億ウォン)のうちネット通販の割合は21.4%で、今年1月と同率で歴代2位を記録した。ネット通販の割合が最も高かったのは今年3月の21.7%だった。

 前年同月比での増加率が高い商品群は、飲食サービス(81.3%)、化粧品(25.0%)、飲食料品(24.9%)などだった。

 飲食サービスは出前の増加など、消費スタイルの変化が影響を及ぼしたと分析された。化粧品は、中国人観光客の増加でオンライン免税店を中心に取引が増加した。

 取引額が上位6位までの品目(旅行・交通サービス、家電・電子・通信機器、衣服、飲食料品、化粧品、飲食サービス)は取引額全体の61.6%を占めた。

 ネット通販の取引額が高水準を記録したのは、モバイル通販が好調だったためだ。

 7月のモバイル通販の取引額は、前年同月比21.5%増の7兆2147億ウォンで、13年の統計開始以来最も多かった。

 ネット通販の取引額のうち、モバイル通販の割合は64.5%で、前年同月比3.3ポイント増加した。特に飲食サービス(93.7%)、電子クーポンサービス(88.5%)などはモバイルの割合が高かった。

 統計庁の関係者は「モバイル簡易決済サービス技術の発達によりスマートフォンで簡単に決済できる環境が整い、モバイル通販の取引額と割合が増加傾向にある」と説明した。

 取引額増加率が高かったモバイル通販の商品は飲食サービス(87.0%)、化粧品(32.3%)、飲料・食料品(29.1%)などで、ネット通販全体と同様の傾向を示した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年09月04日 15:33

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
HDC、エアプサン再売却するか
ASTROムンビン治療に専念
韓日が例年通り情報交流会議開催
釜山でASEAN諸国の文化を紹介
シウォン、ユニセフの親善大使に委嘱
SEVENTEEN日本ドームツアー
来年のドラマ 兵役後の復帰にも注目
大学入試14日 航空機離着一時禁止
JYPエンタ代表パク・ジニョン新曲
イ・ビョンホン、北朝鮮要員に変身
週間アクセスランキング
コスパいいレストラン60店を発表
19.11.07
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
IZ*ONE、結局カムバックも延期
19.11.08
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
元2NE1のCL、YGと契約終了
19.11.08
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]