ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「最後のあいさつ」ファンを驚かせた女優ク・ヘソンの意味深長なSNS文章。韓国の芸能ニュース
KONEST

「最後のあいさつ」ファンを驚かせた女優ク・ヘソンの意味深長なSNS文章

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
結婚3年で俳優アン・ジェヒョン(32)と離縁危機に置かれた俳優ク・ヘソン(35)が1日「最後のごあいさつする」という文章を載せた。ク・ヘソンの「最後」という表現をめぐってファンの間では意見が分かれている。

ク・ヘソンはこの日午後、自身のインスタグラムに文章を載せて「エッセイ集『私は君の伴侶動物』の出版を控えて皆さんに最後のごあいさつをしようとする」とし「その間、心より感謝しました。そのおかげで夢をかなえることができました。今後も元気で幸せに。愛しています」と書いた。

ク・ヘソンは『私は君の伴侶動物』のプロローグを公開した。ここには「愛が何か私は知らないし、それを信じない。だが、私があえて愛した、愛する、愛するだろうと言える唯一の存在は私の伴侶動物だけだ。そして私もまた君の伴侶動物だと約束する」という文章が書かれている。

ク・ヘソンが掲載した文章には「最後のあいさつがどのような意味なのかは分からないが、いつもあなたの道を応援する」「引退するのではないですよね」「最後の違う意味の言葉は始まりだ。ゆっくり休んで帰って来てほしい」などのようなネットユーザーのコメントが書き込まれた。

ク・ヘソンが伴侶動物に関連した芸術活動を絶えず行っている。育てていた伴侶犬が亡くなった後、その時の感情を表現した絵を集めて6~7月個展『あなたのいない世の中、私に寂寞』を開いた。所属事務所のHBエンターテインメントのユーチューブチャンネルである「CHIBi TV」を通じて「ク・ヘソンの伴侶日記」を公開した。

一方、ク・ヘソンは2016年結婚したアン・ジェヒョンと最近不和を体験している。アン・ジェヒョンは先月21日、インスタグラムに「過去3年間結婚生活は幸せだったが、私には精神的に手にあまる時間だった。結婚後1年4カ月間精神科治療を受け、うつ病薬を飲んでいる」と明らかにした。

これに対してク・ヘソンは反論文を掲載して「夫はお酒が好きだったし、お酒に酔って女性と通話することを見て聞いた」としながらアン・ジェヒョンが一方的に自身に離婚を要求してきたと主張した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年09月02日 07:16
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国最大野党代表 都市開発疑惑否認
新規コロナ感染者18,871人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]