韓国旅行「コネスト」 反ファーウェイの影響?サムスンが欧州スマホ市場で圧倒的1位。韓国の経済ニュース
KONEST

反ファーウェイの影響?サムスンが欧州スマホ市場で圧倒的1位

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
サムスン電子のスマートフォンが今年4-6月期、欧州市場でシェアを拡大し、ライバルの中国ファーウェイ(華為技術)との差を広げた。米中貿易戦争による反射利益に加え、サムスン電子の中低価格フォン戦略が功を奏したという評価だ。

グローバル市場調査会社カナリスによると、サムスン電子は4-6月期、欧州スマートフォン市場で1830万台を出荷し、シェア40.6%で1位になった。これは前年同期比6.7%増で過去5年間で最高値。

2位との差も広がった。2位のファーウェイのシェアは18.8%と、前年同期(22.4%)比で大幅に減少した。同じ期間、出荷量も1010万台から850万台に減少した。

カナリスは「サムスン電子のギャラクシーA10 A20e、A40、A50など中低価格製品が好評だった」とし「ファーウェイが欧州で米制裁の影響を受ける間、主要取引先を確保し、安定した代案として定着した」と分析した。ギャラクシーAシリーズは欧州で1200万台以上も売れた。

サムスン電子は中低価格製品を前に出し、グローバル市場でもトップを守っている。市場調査会社ストラテジーアナリティックス(SA)によると、サムスン電子は4-6月期の世界スマートフォン市場でシェア1位(22.3%)だった。全般的なスマートフォン市場沈滞にもかかわらず、シェアは前年同期比2%増えた。ファーウェイはサムスンに次ぐ2位だったが、シェアの差は前年4-6月期の4.9ポイントから今年4-6月期には5.1ポイントに広がった。アップルはシェア11.1%で3位。

SAは「ファーウェイは2位を守ったが、これは北米と欧州での規制の不確実性を避けるために自国の中国市場で規模を拡大したためとみられる」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年08月16日 16:42
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
イ・ヨンエ、インスタアカウント開設
BTS韓米日音楽授賞式出演で大忙し
ファッションウイーク 釜山で開幕
女優Ara、「風邪に気をつけて」
週末はソウルで大規模集会 渋滞予想
カフェ店内での紙コップ使用禁止へ
EXO 年末ソウルでアンコール公演
韓国観光公社、日本モデル2人と契約
TWICE、アルバム オリコン1位
キム・ウビン、2年6カ月ぶり公式席
週間アクセスランキング
キム・キュジョン、日本人彼女と...
19.11.18
BTSも入隊 芸能人は兵役免除せず
19.11.21
日韓便減少で韓国航空各社他地域...
19.11.20
日本若年層で冷めない韓国語の人...
19.11.21
MAMAにIZ*ONEなど不参加か
19.11.20
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]