韓国旅行「コネスト」 「責任所在が不明でも婚姻破綻なら離婚可能」。韓国の社会・文化ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
K-POP歌番組観覧ツアー3月予約絶賛受付中!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国HOTニュース > 社会・文化 > 「責任所在が不明でも婚姻破綻なら離婚可能」

「責任所在が不明でも婚姻破綻なら離婚可能」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する

 ソウル家庭裁判所のイ・オクヒョン判事は9日、「妻が私が通う教会をエセ集団だと罵って家を出ていった」として夫が妻を相手取って起こした離婚訴訟で離婚判決を下した、と明らかにした。 裁判所は通常、離婚訴訟に関連し、夫婦のどちらかに責任があるかどうかを審査し、離婚または棄却の判決を出す。

しかしイ判事の判断は違った。 イ判事は「この事件で夫と妻のどちらか一方に責任があるとは考えにくい。婚姻関係がすでに破綻し、回復を期待できないうえ、夫と妻がともに離婚を望んでいる」とし、離婚請求を受け入れた。 イ判事のような論理を「破綻主義」という。 破綻主義は婚姻関係破綻の責任を見いだそうとする「有責主義」と対立する。

最高裁判所は「有責主義」を一貫して堅持している。 今年初め、主婦Hが夫Lを相手に起こした離婚訴訟で、離婚判決を下した原審を破棄し、事件をソウル家庭裁判所に差し戻した。

Hは1970年に結婚した後、夫の親との葛藤で77年に家出、84年に他の男性との間で子どもができ、現在までそのまま暮らしている。 重婚期間が20年を超え、夫婦の再結合は事実上難しく見えるが、最高裁判所の立場は一貫していた。 最高裁は判決文で「原審が夫婦としての義務を果たさなかったHの責任がより大きいと判断しながらも離婚判決を下したのは過ち」と明らかにした。

イ判事は「婚姻の本質は夫婦間の愛情だが、有責主義は国がすでに死んでしまった婚姻に人工呼吸器を付けて‘生きている’または‘生き返れ’と強弁するようなものだ」と述べた。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月10日 14:38
韓国の社会・文化のニュース     もっと見る 
  • 【写真】試験、頑張れ
  • 【写真】今日は私たちが王と妃
  • 金大中夫人の李姫鎬さんが自伝『同行』を出版(1)
  • 韓日海底トンネル、本格的に推進?
  • 【写真】もうクリスマス?
  • コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
    ・営業時間 9:30~18:00(月~土)
    ・休業日  日曜日・1月1日
    道路名住所」とは?
    2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
    ログイン 予約の確認
    無料会員登録
    コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
    レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
    注目のニュース
    少女時代ヒョヨンが始球式
    輸入ビール売上高 初めて国産上回る
    慶弔費支出が減少 金英蘭法など影響
    「ダサソー」に罰金 敗訴後も営業
    韓国、実質所得7年ぶり減少
    スケート アジア大会で過去最高
    弾劾の賛成派・反対派が集会開催へ
    イェウン脚線美で視線“強奪”
    朴大統領弾劾審理の最終弁論延期は?
    TWICEの日本進出が決定
    週間アクセスランキング
    俳優の同い年カップル5月非公開...
    17.02.23
    Red Velvetの衣装が話題
    17.02.21
    引退したソン・ヨンジェ芸能界進...
    17.02.22
    ソン・ジェリム、誕生日会を日本...
    17.02.21
    ソン・ヘギョ、バーバリーショー...
    17.02.22
    韓国旅行「コネスト」
    COPYRIGHT ⓒ 2017 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
    今日見た記事
    【注目の記事】
    [ 閉じる▲ ]
    [ 固定解除 ]