韓国旅行「コネスト」 世界的な設置作品「レインルーム」、韓国釜山で展示…「どしゃぶりの中を歩いたが服は濡れなかった」。韓国の社会・文化ニュ...
KONEST

世界的な設置作品「レインルーム」、韓国釜山で展示…「どしゃぶりの中を歩いたが服は濡れなかった」

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
2月末、中国上海余徳耀美術館。展示場入口の通路に入ると勢いよくあふれる水の音が聞こえた。最近のような梅雨になると聞くことができるどしゃぶりの雨の音だった。中に入ると展示場の中にある空間に雨が勢いよく降り注いでいる。

入ってきたばかりの観覧客は展示会場の壁に寄りかかって雨足をとめどなく眺め、雨の中に入るかどうかを迷っていた。突然、一人がどしゃぶりの中に足を踏み出すと彼に人々の視線が集中した。「本当に大丈夫だろうか?」とざわめく人々を後ろにしてその人はゆっくり、とてもゆっくりと雨の中に入った。

それからそのまん中でまるで演劇舞台上の主人公のように腕を広げて立っていた。引き続き、観覧客が一人ずつ雨の中に入って感嘆の声が所々から聞こえた。「すごい、あれがどのように可能だろう? 確かに雨の中に立っているのに服が濡れないね…」。先端技術が働かせた魔法のまん中の人々はそのようにしばらく立っていた。

◆ロンドン・ニューヨーク・ロサンゼルス・上海で人気=それはアーティストグループ「ランダムインターナショナル」(Random International)の設置作『レインルーム』(Rain Room・2012)だった。人体を感知するセンサーを活用して雨が降り注ぐ部屋の中で観覧客が濡れることなく歩き回るように作った作品だ。この『レインルーム』の展示を近いうちに韓国観覧客も直接経験できるようになった。釜山(プサン)現代美術館は15日から観客参加型ニューメディア展示である『レインルーム』を公開すると明らかにした。

2012年英国ロンドンのバービカン・センターで初めて展示された『レインルーム』はその後、ニューヨーク現代美術館(MoMA・2013)、上海余徳耀美術館(2015,2018~2019)、米ロサンゼルスLACMA(ロサンゼルス・カウンティ美術館)などで紹介されて人気を呼んだ。2013年ニューヨーク現代美術館で公開された当時、観覧客は数時間を待って入場したほどだ。

釜山現代美術館のキム・ソンヨン館長は「昨年美術館の開館を控えて2017年から作家らと接触してこの展示を推進してきた」として「環境・人間・技術などのような現時代のイシューと悩みを同時代美術に結び付けて見せたいという美術館の趣旨に合致して今年必ず紹介したかった」と話した。

◆芸術になった技術=『レインルーム』は観客の動きに反応する作品だ。100平方メートルの空間に雨が降り続けるように設定したもの。ひとまず観覧客は雨の音に圧倒され、その次は照明を通して見せる雨足の視覚的なイメージに驚く。その中に立っている観覧客の動きは無言の「公演」のようで、また神秘な映像作品のように見える。

最も驚くべきなのはその中の人々が濡れないということだ。先端センサーが人を感知して雨のしずくを止めるように設定したためだ。したがって、観覧客は雨の中にいるが、実際には濡れないこと、つまり触感の経験だけが排除される独特の状況を経験することになるわけだ。これは精巧なカメラとセンサーの追跡システムが数千個の水バルブを開け閉めして動くために可能なことだ。

この作品を作ったランダムインターナショナルはドイツ出身のフロリアン・オートクラスさん(44)ハナス・コーさん(44)が2005年ロンドンで設立したアーティストグループだ。英国ブルネル大学・王立芸術学教(RCA)を卒業した彼らはポストデジタル時代を生きる人間のアイデンティティと自律性に対する質問を投げ、観覧客の積極的な参加を誘導する作品を公開してきた。2008年初めての設置作品『Audience』をはじめ、2010年『Swarm』、2012年『Future Self』が代表作だ。

◆観客参加型作品=釜山現代美術館のキュレーター、リュ・ソヨンさんは「『レインルーム』は雨が降る類似自然の環境を作ると同時に雨から人々を守る異質経験を観覧客にプレゼントする」とし「芸術と先端テクノロジーの結合を通じて観客はさらに拡張された芸術の領域を経験することになるだろう」と説明した。リュさんは「『レインルーム』は人間の身体的な感覚とデータ・アルゴリズムの作用を探求して人間が環境をどれほど統制しているのか、また環境によってわが社会がいかに多くのことに統制されているのか質問すること」と付け加えた。

釜山現代美術館ではランダムインターナショナルの展示とともに現代の革新的な技術変化と作動原理をテーマにした企画展『完ぺきな技術』も開かれる。この美術館は釜山市が建てた公共美術館で昨年6月に開館した。『レインルーム』の展示は来年1月27日まで。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年08月01日 11:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
イ・ヨンエ、インスタアカウント開設
BTS韓米日音楽授賞式出演で大忙し
ファッションウイーク 釜山で開幕
女優Ara、「風邪に気をつけて」
週末はソウルで大規模集会 渋滞予想
カフェ店内での紙コップ使用禁止へ
EXO 年末ソウルでアンコール公演
韓国観光公社、日本モデル2人と契約
TWICE、アルバム オリコン1位
キム・ウビン、2年6カ月ぶり公式席
週間アクセスランキング
キム・キュジョン、日本人彼女と...
19.11.18
BTSも入隊 芸能人は兵役免除せず
19.11.21
日韓便減少で韓国航空各社他地域...
19.11.20
日本若年層で冷めない韓国語の人...
19.11.21
MAMAにIZ*ONEなど不参加か
19.11.20
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]