ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 防弾少年団、暴力根絶キャンペーン率先…「ユニセフ史上初の韓国語」。韓国の芸能ニュース
KONEST

防弾少年団、暴力根絶キャンペーン率先…「ユニセフ史上初の韓国語」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のボーイズグループ防弾少年団(BTS)が30日、国際フレンドシップ・デーを迎えて「ENDviolence(エンドバイオレンス)」グローバル広報映像を公開した。

ユニセフは国連が指定した国際フレンドシップ・デー(International Friendship Day)を記念して防弾少年団と暴力根絶キャンペーン映像を撮影した。今回の映像は、家庭と学校、社会でさまざまな暴力にさらされている世界の青少年や子どもたちに対する関心を訴え、校内暴力で苦しむ子どもに優しさと友情が大きな力になるというメッセージが込められている。

映像の製作は2017年から防弾少年団と所属事務所Big Hitエンターテインメントがユニセフとともに展開している「LOVE MYSELF」キャンペーンとユニセフのグローバル児童暴力根絶キャンペーン「ENDviolence」活動の一環として行われた。国連公用語である英語、フランス語、スペイン語、アラビア語、中国語以外に、ユニセフ史上初めて韓国語まで含まれた6カ国語で製作されて特別感が加わった。

2分30秒ほどのこの映像では、サイバー暴力や仲間外れなど学校暴力で苦しむ青少年にあたたかい友情と優しさを表現する友人の姿が描かれる。映像を通じて、互いに尊重し合い、親切に接する成熟したあたたかい人格体になろうというメッセージを伝えている。

防弾少年団メンバーは「『LOVE MYSELF』キャンペーンは全世界青少年や子どもたちが内面に愛を見つけてその愛を他の人々に伝播できるように励ますキャンペーン」としながら「皆が愛と優しさを分け合うことによって地球村の暴力が一日もはやく消えることを願っている」と話した。

ユニセフ韓国委員会のイ・ギチョル事務総長は「全世界ティーンエージャーに希望のメッセージを伝える防弾少年団が暴力根絶のためのユニセフのグローバルキャンペーンに参加してくれて非常にうれしく思う」とし「今回の『国際フレンドシップ・デー』に際して、防弾少年団と共に製作した映像が全世界の児童や青少年にとって勇気と慰労になり、互いに『優しさ』を分け合えるきっかけになるよう願う」と話した。

現在、全世界生徒(13~15歳)の半数である1億5000万人の青少年や子どもたちが学校内外で同じ年頃の集団からのさまざまな暴力に苦しんでいることが分かった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年07月30日 10:15
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国EC企業 日本のヤフーと連携
HYBEが、AI企業を買収
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
業務特化型ロボットに夢中の大手企業
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]