韓国旅行「コネスト」 ウォンビン主演『マザー』今年最高額で日本に先行販売。韓国の芸能ニュース
KONEST

ウォンビン主演『マザー』今年最高額で日本に先行販売

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ポン・ジュノ監督の新作 『マザー』(バルンソン)が米国最大フィルムマーケットであるAFMで、日本に先行販売された。

投資配給会社CJエンターテイメントは「『マザー』はAFM開幕翌日の6日、日本ビターズ・エンドが買い付けた」とし「9月にクランクインし、20%ほど撮影された映画がこんなに早く売れたのは前例がないこと」と明らかにした。

販売金額も2008年韓国映画の中でも最高金額であり、ミニマムギャランティー(MG)方式で契約し、日本国内興行結果によって追加収益も期待することができると付け加えた。今年、日本に販売された映画のうち、これまでで最高額を記録した作品はソ・ジソブ主演の『映画は映画だ』で、契約金は約35万ドルだった。

『マザー』を輸入したビターズ・エンドはポン・ジュノ監督が共同演出した『TOKYO!』の制作会社で、ペ・ドゥナが主演した『リンダリンダリンダ』の制作会社でもある。15年間配給事業にも力を注いだこの会社は「ポン・ジュノ監督の『グエムル~漢江の怪物』次期作という点と韓流スターウォンビンの5年ぶりの復帰作という点で『マザー』を購入した」と説明した。

キム・ヘジャ、ウォンビン主演 『マザー』は殺人の濡れ衣を着せられた息子を救うために孤軍奮闘する母情をキーワードにした映画で、ポン・ジュノ監督がキム・ヘジャキャスティングのために草廬三顧(そうろさんこ)した作品だ。

一方、今年AFMでは『マザー』のほかにも多くの韓国映画に対する契約が続々と成立している。『奴×3』『妻が結婚した』『神機箭』などがタイ、マレーシア、シンガポールに販売された。

COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月08日 10:03
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]