韓国旅行「コネスト」 KAIST総長「韓国、教育システムを変えるべき」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

KAIST総長「韓国、教育システムを変えるべき」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
徐南杓(ソ・ナムピョ)KAIST(韓国科学技術院)総長が6日、「韓国の教育システムは大きな方向を読めず、方法論で争うレベル」とし「失敗するしかない構造だ」と批判した。 また「(硬直した教育システムでは)政府や公務員の意図がどんなに良くても、大学の助けにはならない」とし「韓国の教育システムを完全に変えるべきだ」と主張した。

徐総長はソウル中区(チュング)韓国プレスセンターでこの日開いた第2回寛勲(クァンフン)フォーラムで、こうした内容の講演を行った。

徐総長は韓国の教育システムを‘水道の蛇口’に例えた。 温かい水を使用するため赤い蛇口をひねると、温度だけでなく水の量まで変わるよう設計された水道の蛇口だ。 徐総長は「総長が入学定員や教授採用を増やし、学費を上げようとすれば、韓国の教育システム全体が揺れる構造だ」と分析した。

徐総長は「KAIST学部入学定員を700人から1000人に増やすべきだと教科部局長に話したところ、『どうやってKAISTだけ増やすのか』と言われ拒否された」と硬直した教育行政を指摘し、「こうした構造では大学は現状維持しかできない」と述べた。

徐総長は「今年初め、大統領職引継ぎ委員会を訪ね、教育部と科学技術部の統合に強く反対した」と明らかにした。 「2つを無条件に一つにしたところで発展するわけではない」とし、統合の効果に疑問を表した。

就任3年目の徐総長は能力に応じた教授定年制(テニュアシステム)導入、英語での講義、面接での新入生選抜など、さまざまな改革を試みた。 徐総長は「(さまざまな改革の試みは)このような教育システムを変えようという努力だった」と説明した。

特に「昨年、保護者の訴訟を覚悟して面接中心の入学選考を導入したが、今年は志願者がさらに増えた」とし「器用な学生、ダイヤモンドになる原石を探すには成績順よりも面接がより良い方法」と話した。 徐総長は「このように選んだ合格生の20%は成績優先で選んでいたら不合格になっていたはず」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2008年11月07日 13:26
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
今月29日に BTS特別トーク番組
BTSのJ-HOPE ソロ曲を公開
ネイバー 東大門服の日本販売を支援
小規模事業者など支援金 雇用創出へ
新規コロナ感染者数344人
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
ストレイキッズのヒョンジン活動休止
「ミナリ」ゴールデングローブ受賞
文大統領が演説で日韓関係に言及
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
韓国11月までにコロナ集団免疫目標
3月から留学生健康保険の加入義務化
週間アクセスランキング
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
21.02.26
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
3月から留学生健康保険の加入義務化
21.02.26
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]