韓国旅行「コネスト」 「兵役問題」の歌手ユ・スンジュン、17年ぶりに韓国の地踏むか…11日最高裁宣告。韓国の芸能ニュース
KONEST

「兵役問題」の歌手ユ・スンジュン、17年ぶりに韓国の地踏むか…11日最高裁宣告

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
各種インタビューで「軍隊に行く」という趣旨で語った後、突然兵役免除を受けて国民的怒りを買った歌手のユ・スンジュン氏(43、米国名スティーブ・ユー)は再び大韓民国の地を踏むことができるのか。2002年から17年間、入国を禁止されてきたユ氏が2015年に提起した訴訟の第3審の結果が11日に出る。

最高裁第3部(主審キム・ジェヒョン最高裁判事)はユ氏が2015年にロサンゼルス(LA)総領事を相手取り起こした査証発給処分取消訴訟の上告審を11日に行うと発表した。

韓国で歌手として活発に活動していたユ氏は、2002年1月に米国の市民権を取得し、大韓民国の国籍を喪失した。しばらくして兵務庁長が法務部長官に「ユ氏は公演のために国外旅行許可を受けて出国後、米国の市民権を取得し、事実上兵役義務を逃れた」とし「ユ氏が在外同胞の資格で入国し、放送活動やアルバム発表、公演を行えば国軍将兵の士気が低下し、外国国籍の取得を兵役から逃れる手段として悪用する事例が頻発するおそれがある」と入国自体を禁止するように求めた。法務部長官は同年2月にユ氏に対し出入国管理法に基き入国禁止を決定した。

その後米国・中国などで活動したユ氏は2015年にLA総領事に在外同胞(F-4)資格のビザ発給を申請したが拒否され、訴訟を起こした。

第1審及び第2審はユ氏の主張を受け入れなかった。裁判所は「ユ氏はすでに召集通知書を受領している状態で、正当な理由なく招集期日から3日以内に入隊しなければ兵役法によって処罰される状況だったが、公演を口実に国外旅行許可を受けた後、米国の市民権を取得して兵役義務から逃れた」と述べた。裁判所は「LA総領事の処分には手続き上の過失はなく、ユ氏の事例は大韓民国将兵の士気低下と兵役逃れの風潮などを防止するためという点から査証発給処分が特別にユ氏に不利ではない」と判決を下した。

ユ氏は1990年代に代表的ソロ・ダンス歌手として活動し、『悪夢』『ナナナ』などのヒット曲を残した。2001年に6thアルバムまで発表し人気を博したが、2002年に兵役忌避疑惑で大きな批判を受けた。2015年にインターネット放送を通じて許しを求めたが、放送中に製作陣の暴言などが放送され大衆の非難はより激しくなった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年07月04日 16:07
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国、実質賃金が初めて2年連続減速
尹大統領 ザッカーバーグ氏と面会
クレカ海外使用額 コロナ前の水準に
NCT WISH 長崎花火大会出演
独立運動記念日にソウルで大規模集会
米国で展示中の朴壽根絵画に贋作疑惑
YGエンタ グラビア撮影中に事故
韓国外相 北朝鮮非核化へアプローチ
北朝鮮、日本に1-2で敗れる
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
週間アクセスランキング
TWICEミナが投票1位
24.02.23
医療混乱、警戒レベル「深刻」発令
24.02.23
韓国アイドルの髪の毛オークションに
24.02.27
作曲家・新沙洞の虎さん死亡
24.02.23
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]