韓国旅行「コネスト」 カンヌ最高賞の「寄生虫」 フランスで公開初週に観客25万人超。韓国の芸能ニュース
KONEST

カンヌ最高賞の「寄生虫」 フランスで公開初週に観客25万人超

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の韓国映画「寄生虫」(原題、英題パラサイト)が、フランスでも多くの観客を集めている。

配給会社のCJ ENMによると、同作は5日にフランスで公開され、9日までの5日間の観客動員数は延べ25万9737人だった。同国で封切られた韓国映画としては、公開初週の最高記録だ。これまでの初週の最高記録は同じポン監督の「スノーピアサー」(23万5371人)だった。

 また、「寄生虫」は同じ日に封切られた「X-MEN:ダーク・フェニックス」に次いでフランスの観客動員ランキングで2位をマーク。「X-MEN」は同期間に49万8000人の観客を集めた。

 「X-MEN」は597スクリーンで公開された一方、「寄生虫」の上映スクリーン数は179だった。そうした状況での2位入りとあって、一層注目を集めている。CJ ENMの関係者は、現地での反響が大きく、「寄生虫」は今週中にスクリーン数が300以上に増える予定だと伝えた。

 「寄生虫」は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品で、共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

 韓国では先月30日に封切られ、今月12日に延べ観客数が740万人を突破した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年06月12日 11:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
韓国コロナ余波で昨年10大経済国に
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
週間アクセスランキング
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]