ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 カンヌ最高賞の「寄生虫」 フランスで公開初週に観客25万人超。韓国の芸能ニュース
KONEST

カンヌ最高賞の「寄生虫」 フランスで公開初週に観客25万人超

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の韓国映画「寄生虫」(原題、英題パラサイト)が、フランスでも多くの観客を集めている。

配給会社のCJ ENMによると、同作は5日にフランスで公開され、9日までの5日間の観客動員数は延べ25万9737人だった。同国で封切られた韓国映画としては、公開初週の最高記録だ。これまでの初週の最高記録は同じポン監督の「スノーピアサー」(23万5371人)だった。

 また、「寄生虫」は同じ日に封切られた「X-MEN:ダーク・フェニックス」に次いでフランスの観客動員ランキングで2位をマーク。「X-MEN」は同期間に49万8000人の観客を集めた。

 「X-MEN」は597スクリーンで公開された一方、「寄生虫」の上映スクリーン数は179だった。そうした状況での2位入りとあって、一層注目を集めている。CJ ENMの関係者は、現地での反響が大きく、「寄生虫」は今週中にスクリーン数が300以上に増える予定だと伝えた。

 「寄生虫」は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品で、共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

 韓国では先月30日に封切られ、今月12日に延べ観客数が740万人を突破した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年06月12日 11:01
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
「契約金支給」シム・ウナ復帰説
韓国・現代建設 日本の碩学迎え強化
BTS 米キッズ・アワード候補に
ソウルタクシー 今日から料金値上げ
韓国の汚職清潔度31位 日本18位
ソン・ジュンギも、多文化家庭の恩恵
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]