ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 俳優キム・レウォン、新作映画で「歴代級ロマンチスト」に復帰。韓国の芸能ニュース
KONEST

俳優キム・レウォン、新作映画で「歴代級ロマンチスト」に復帰

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優キム・レウォンが映画『LONG LIVE THE KING:木浦(モクポ)英雄(カン・ユンソン監督)』(原題)で前作を飛び越える組織のボスキャラクターの誕生を予告した。

『LONG LIVE THE KING』でキム・レウォンはその間スクリーンを通じて築いてきたヌワール的なイメージとはまた違う新しい魅力を見せる。『LONG LIVE THE KING』は偶然な事件で一躍市民の英雄になった巨大組織のボス、チャン・セチュルが国会議員選挙に出馬して世の中を変えるために奮闘する痛快な逆転劇。

キム・レウォンは映画とドラマを行き来しながらいまだ話題になっている作品を残した。特に、その中で多くの観客が人生映画として選ぶ作品『ひまわり』は、高校中退後にからだ一つで街のチンピラを黙らせたオ・テシクが希望を持って新しい人生を始めようとする話を扱った映画。キム・レウォンは26歳だとは信じられないほど深みのある演技で観客に俳優としての存在感を確立させた。その後『江南(カンナム)1970』では成熟美が増した黒の組織のボスに戻った。『江南1970』は孤児出身のチョンデ(イ・ミンホ)とヨンギ(キム・レウォン)が江南(カンナム)の土地をめぐる利権争いの最前線に立って政治権力の行動隊員になり命を賭けて戦うアクションドラマ。キム・レウォンは成功と富に向かった欲望に満ちた組織のボスになるために孤軍奮闘するヨンギの役割を消化した。

このようにすでに報道機関や評壇の絶賛を受けた黒の組織のボスキャラクターを披露したことのある彼がその間のフィルモグラフィーを飛び越える新しい魅力を見せる組織ボスのチャン・セチュルとして戻った。『LONG LIVE THE KING』でキム・レウォンは良い人になるという一念で巨大組織のボスから真のヒーローでありリーダーとして生まれ変わるチャン・セチュルの感情変化を自然に描き出し、ソフトなカリスマと温かい人間味を伝える。また、「アクション演技の職人」と言われるようにアクション、ワイヤーアクション、雨の中でアクションなどリアルで強烈なアクション演技まで消化し、一時も目を離せない名シーンを作り出した。さらに、実行力のある熱血弁護士、ソヒョン(ウォン・ジナ)に惚れた後、自身の心が動く通りに直進する純粋なロマンチストの姿を披露して女性にはもちろん、男性も魅了させる多彩な魅力をアピールする。

『LONG LIVE THE KING』は19日公開予定。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年06月11日 11:25
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
中国人向け短期ビザ発給制限延長
ブラックピンク ギネス世界記録認定
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
韓国、昨年11月出生児数2万人割れ
東京で義人李秀賢さん22周忌追悼式
東方神起 来月誕生日パーティー開催
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]