韓国旅行「コネスト」 1年ぶりに帰ってきた「フィギュア女王」キム・ヨナ、「ジャンプ」をあきらめた理由。韓国のスポーツニュース
KONEST

1年ぶりに帰ってきた「フィギュア女王」キム・ヨナ、「ジャンプ」をあきらめた理由

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「フィギュア女王」キム・ヨナ(29)が1年ぶりに再び銀盤に立った。キム・ヨナは6日、ソウル・オリンピック公園KSPOドームで開かれたオール・ザット・スケート2019アイスショーの正式出演者として2つのガラプログラムを披露し、他の出演者らとともにオープニング・エンディングプログラムに参加した。

初日の公演を終えたキム・ヨナは記者会見で「震えた公演」と感想を明らかにした。キム・ヨナは「公演の前までは大丈夫だったが、実際に銀盤の上に立つと緊張した」として「競技場をいっぱい埋めた観衆が多い呼応を送ってくれて公演をよく終えることができた」と話した。

この日、キム・ヨナは速いテンポの音楽である『ダークアイズ』と『イシュー』の2つのガラプログラムを演技した。

ただし、今回の公演でジャンプなど難しいステップ技術はなかった。キム・ヨナは「公演にジャンプ要素を入れるかを悩んだ」として「空白期が長かったうえに、プログラムの完成度に大きな影響を与えないという判断によりあきらめた」とその理由を説明した。

2014年ソチ冬季オリンピック(五輪)を最後に引退したキム・ヨナは昨年、アイスショーに特別出演者として4年ぶりに銀盤の上に立った。

今年は正式出演者として同僚・後輩らと共に長い時間を準備した。

キム・ヨナは「約3カ月間最善を尽くして準備した公演」とし「2つのプログラムいずれも速度感のある音楽で少なくない時間を投資した」と話した。引き続き「良い選手たち、特に後輩らとともにして意味深かった公演だった」として「積極的に呼応してくださったファンたちにも感謝申し上げる」と明らかにした。

今回のアイスショーにはキム・ヨナをはじめ、2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪フィギュスケーティング男子シングルの銀メダルリスト宇野昌磨(22・日本)と今年世界選手権大会男子シングル優勝者であるネイサン・チェン(20・米国)など有名選手たちが大勢参加した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年06月07日 09:44
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
TWICE、アルバム オリコン1位
キム・ウビン、2年6カ月ぶり公式席
ママム、新譜で自己最高記録塗り替え
日本若年層で冷めない韓国語の人気
BTSも入隊 芸能人は兵役免除せず
少子化で兵役人員が不足…代替縮小へ
ジュンス、10年ぶりテレビ番組出演
鉄道スト2日目 首都圏で運行本数減
景福宮「香遠亭」周囲でオンドル発見
MAMAにIZ*ONEなど不参加か
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で...
19.11.15
キム・キュジョン、日本人彼女と...
19.11.18
サムスンのスマホ 日本でシェア...
19.11.15
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]