韓国旅行「コネスト」 WHO「ゲーム中毒も疾病」…業界「韓国のゲーム競争力に打撃」。韓国の経済ニュース
KONEST

WHO「ゲーム中毒も疾病」…業界「韓国のゲーム競争力に打撃」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
世界保健機関(WHO)がゲーム障害(Gaming Disorder)を疾病に分類することにした。

WHOは25日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催中の総会で「ゲーム障害」項目を疾病として登載した国際疾病分類第11回改訂案(ICD-11)を全会一致で通過させた。改訂案は28日の閉幕全体会議で確定し、2022年に発効する。WHOは、ゲーム統制能力が落ち、ほかの日常生活よりもゲームを重視し、こうした否定的な結果にもかかわらずゲームをする症状が12カ月以上続けばゲーム障害と見なすことにした。症状が深刻なら12カ月以前にもゲーム障害の判定を出すことができる。

各国政府はWHOの基準を参照してゲーム障害を疾病に分類することができる。韓国の朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官は昨年10月の国政監査で「(ゲーム障害疾病コード分類を)WHOが確定すれば受け入れる」と述べた。

ただ、導入の時期は早くとも2026年になる見込みだ。ゲーム障害を疾病に分類するためには統計庁が韓国標準疾病・死因分類(KCD)を変える必要がある。5年ごとに改訂するが、統計庁はWHOのICD-10を参照しながら8回目の改訂(2020年7月告示、2021年施行)を準備中だ。2022年に発効するICD-11をKCDに反映するには2025年に告示して2026年に施行するとみられる。

福祉部は来月、関係部処と法曹界、ゲーム、保健医療分野の専門家で官民協議体を設置し、中長期対策を出すことにした。

ホン・ジョンイク福祉部精神健康政策課長は「ゲーム中毒がどんな疾病なのか、治療と予防はどうするのかなどを調査し、今後、明確な診断基準を用意する」と述べた。カトリック医大精神医学科のイ・ヘグク教授は「人口全体の2%ほどがゲーム中毒と推定される」とし「WHOの決定をきっかけにゲーム中毒危険群に対する予防と治療に積極的に取り組む必要がある」と述べた。

ゲーム業界は強く反発した。この日、米ゲーム産業協会(ESA)は「WHOの指針は独立した専門家による検討作業から出るべき」とし「WHO加盟国がICD-11改訂決定を再考することを要請する」と声明を発表した。声明には韓国ゲーム産業協会をはじめ、欧州・米国・カナダ・豪州などのゲーム産業協会が参加した。

ウィ・ジョンヒョン韓国ゲーム学会長(中央大経営学部教授)は「WHOの疾病コード導入で各種ゲーム規制政策と法案が出てくる可能性がある」とし「国内ゲーム産業の競争力低下につながるかもしれない」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年05月27日 08:04
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国 日本の旅行会社など招きツアー
NWJNSがシングル発売
RMが2ndソロアルバム発表
文前大統領の回顧録ベストセラー1位
BTSのJIN あと20日で除隊へ
尹大統領 26日に岸田氏と首脳会談
仁川空港で搭乗客のバッグに不審な粉
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
韓国が世界初の「電子皮膚」開発
ロシアの北朝鮮観光 参加不足で中止
週間アクセスランキング
飛行機の前座席に素足を乗せた迷惑女
24.05.21
ジェニー、日本旅行ファッション公開
24.05.21
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
24.05.23
世界初橋上のホテル 漢江にオープン
24.05.19
コ・ヒョンジョン東京生活を回想
24.05.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]