韓国旅行「コネスト」 ソニー 韓国からスマホ撤退?=新製品発売せず。韓国の経済ニュース
KONEST

ソニー 韓国からスマホ撤退?=新製品発売せず

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】ソニーコリアは上半期に韓国で、主力スマートフォン(スマホ)「Xperia(エクスペリア)」の新製品を発売しない。韓国業界では、韓国でのスマホ事業が振るわず、ソニーが近く韓国市場から撤退するとの見方も出ている。

ソニーは21日に日本本社で経営方針説明会を開いた。韓国業界関係者は23日、この説明会でソニーがモバイル事業について、日本や欧州、台湾、香港などを主力地域とする一方、韓国やインド、オーストラリア、カナダ、南米、中東などを「非主力地域」に挙げたと伝えた。来年にかけ、モバイル事業部門の営業費用を減らして収益を上げると説明したという。

 一方、ソニーは2月にスペインで開催された世界最大級のモバイル機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で、新製品の「Xperia1」「Xperia10」「Xperia10Plus」「Xperia L3」 を公開しているが、ソニーコリアはこれらを韓国で発売しないことにした。同社関係者は「上半期に国内(韓国)で新製品を発売しないが、国内のスマホ事業を撤退させるという意味ではない」と述べ、モバイル担当部署も今すぐの変動は予定されていないと説明した。

 それでも韓国業界関係者は「すぐに撤退しないとしても、今回の発表により、韓国モバイル部門は自然と整理されることになりそうだ」と予想した。

 ソニーのモバイル部門は2009年に「ソニー・エリクソン」として韓国に進出した。15年はXperiaのフラグシップモデルを韓国で発売しなかったが、16年から18年まではXperiaの新製品を毎年2月のMWCで公開した後、上半期に韓国で発売していた。

 現在の世界スマホ市場でソニーのシェアは1%未満で、昨年は営業損失を出した。韓国のハイエンドスマホ市場でも主要3社のシェア争いに食い込めずにいる。昨年のシェアは韓国・サムスン電子が60.3%、米アップルが16.7%、韓国・LG電子が14.3%だった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年05月23日 09:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスントップの赦免請願広がる
電子渡航認証制度のサイトがオープン
政府コロナ対応の世論評価が逆転
漫画「鬼滅の刃」最終巻総合1位
韓国の新規コロナ感染者797人
ジミンの衣装 オークション取りやめ
ソウル市長就任式、コロナで来賓3人
「アースデー」青瓦台は菜食メニュー
昌徳宮で楽しむ夜間観覧 29日から
川端康成の小説集 韓国で翻訳出版
週間アクセスランキング
電子渡航認証制度のサイトがオープン
21.04.23
仁川空港が外国人の無入国観光を検討
21.04.22
俳優パク・チュンフン飲酒運転で送検
21.04.19
5月から世界のマックでBTSコラボ
21.04.20
「ヴィンチェンツォ」撮影ロケ地
21.04.21
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]