韓国旅行「コネスト」 「ナッツ姫」母娘に懲役刑求刑 ブランド品密輸=韓国検察。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ナッツ姫」母娘に懲役刑求刑 ブランド品密輸=韓国検察

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【仁川聯合ニュース】海外で購入したブランド品などを韓国に密輸したとして関税法違反の罪で起訴された大韓航空元副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)被告と母親の李明姫(イ・ミョンヒ)被告の論告求刑公判が16日に仁川地裁で開かれ、検察は趙被告に懲役1年4カ月、追徴金約6200万ウォン(約570万円)を、李被告には懲役1年、罰金2000万ウォン、追徴金3200万ウォンを求刑した。

検察関係者は求刑の理由について「両被告人は大韓航空機を利用して組織的に密輸犯罪を犯し、行為が悪質だ」と説明した。

 趙被告は公判で「法的な手続きをきちんと確認できず、このような間違いを犯した点を深く反省している」と述べた。李被告も「社員に本当に申し訳ない」と涙ながらに語った。

 趙被告と大韓航空の社員らは、2012年1月から昨年5月までに海外のインターネット通販で購入したブランド品の衣類やバッグなど時価約8900万ウォン相当の品物を、205回にわたり大韓航空機で密輸したとして在宅起訴された。

 李被告も13年5月から昨年3月まで大韓航空の海外支社を通じて陶磁器、インテリア用品、果物など約3700万ウォン相当の品物を密輸したほか、14年1~7月に海外で自身が直接購入した約3500万ウォン相当の家具などを大韓航空が輸入したように装い、税関当局に虚偽の申告をしたとされる。

 趙被告は大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの故・趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女。大韓航空副社長だった14年には大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り、滑走路に向かっていた機体を引き返させたいわゆる「ナッツ・リターン事件」を起こした。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年05月16日 17:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女優イ・ヨンエ 軍部隊音楽会を後援
BLACKPINKロゼ、事務所移籍
DMZ地雷爆発で北朝鮮兵が多数死傷
韓国の国家競争力20位、日本38位
韓国人男性、結婚が難しい理由とは?
日米韓の産業担当相ワシントンで会談
福富つき 悪質メッセージ公開し遮断
韓国の高校2年「数学基礎学力不足」
ホテル内ジム「おばさん不可」論争に
開業医らがきょう一斉休診=韓国
週間アクセスランキング
サムギョプサル価格が大台超え
24.06.11
BTSジンイベントで女性が奇襲キス
24.06.15
キム・スヒョンとナヨンの熱愛説否定
24.06.12
元T-ARA 詐欺容疑で捜査中
24.06.14
HYBEの新女性グループがデビュー
24.06.14
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]