韓国旅行「コネスト」 北朝鮮が「駅弁」販売で専門会社 外貨稼ぎへ観光業に注力。韓国の政治ニュース
KONEST

北朝鮮が「駅弁」販売で専門会社 外貨稼ぎへ観光業に注力

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】米国や国際社会の制裁下で外貨を稼ぐため観光業の発展に力を入れる北朝鮮が、観光列車の車内で弁当と飲み物を販売する専門会社を設立した。

北朝鮮の政府機関紙「民主朝鮮」は9日、近ごろ「外国人や観光客の増加が続いている」としながら、「(外国人向けの)対外列車での商業サービスを担う対外列車商業管理所が今年1月に組織された」と伝えた。同管理所には調理師らが所属し、鉄道を利用する外国人らに弁当とソフトドリンクを販売しているという。事業を始めて間もないものの、「民族的な特色を生かした飲食料品を提供すると客たちから好評を得ている」と同紙は宣伝している。

 北朝鮮は外国人客向け鉄道旅行商品のレベルを引き上げるとともに、観光商品を多角化しようと尽力している。

 北朝鮮国家観光総局は英語、中国語、日本語、ロシア語版のあるウェブサイト「朝鮮観光」で、内陸の景色を楽しめる平壌~東部・元山、東海岸に沿った元山~咸興~清津の二つの鉄道観光コースを紹介している。車中泊する場合でも「列車内での宿泊・食事サービスは観光客に何の不便も与えない」とアピールする。

 北朝鮮は2013年12月、「世界レベル」のスキー場を標榜し、元山近郊に馬息嶺スキー場をオープンさせた。西部・南浦特別市の江西区域には温泉施設を設け、温泉旅行商品を売り出している。

 また、海外からの観光客の大半を占める中国人客をターゲットにゴルフ場やプール、競馬場を備えた北東部・咸鏡北道の「穏城島観光開発区」は今年初め、観光客を対象に税関や通行検査、検疫の手続き迅速化を計画していると明らかにした。

 北朝鮮がこれほど観光業に注力するのは、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が特に関心を寄せているためでもあるが、制裁が続く中で最も有効な外貨稼ぎの手段と見なしているためと分析されている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年05月10日 11:05

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウル運転しやすい都市・世界53位
LINEとヤフージャパンが経営統合
BTSのタキシード 米博物館で展示
キム・キュジョン、日本人彼女と破局
ソン・イェジン、財閥相続女に変身
野球・稲葉監督、日本と韓国は紙一重
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で勝訴
『プロデュース』の全シーズンねつ造
サムスンのスマホ 日本でシェア拡大
TWICE、3年連続紅白歌合戦出演
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
韓国料理2店が4年連続が三つ星...
19.11.14
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]