韓国旅行「コネスト」 大韓航空が国際線の70%でファーストクラスなくす理由。韓国の経済ニュース
KONEST

大韓航空が国際線の70%でファーストクラスなくす理由

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
大韓航空の国際線の70%でファーストクラスが消える。

大韓航空が1日に明らかにしたところによると、来月1日から国際線27路線の座席運営方式を現在のファースト、プレステージ(ビジネス)、エコノミーの3クラス制からプレステージとエコノミーの2クラス制に変更する。

大韓航空が現在2クラス体制で運営する路線は全111路線のうち49路線だ。来月1日からはさらに27路線が追加され、76路線でファーストクラスがなくなる。全路線のうち31.5%の35路線にだけファーストクラスが残る。

これは旅客機の座席を効率的に運営して収益性を高める措置だ。大韓航空関係者は「中短距離路線のうちファーストクラス需要が低調で相対的にプレステージクラスの需要が多い観光路線に適用する」と話した。また「既存のファーストクラス利用客の不便を最小化するためプレステージクラスの機内食などのサービス品質を高める」と説明した。

今回の決定により北米20路線ではカナダ・バンクーバー路線とトロント路線の2路線でファーストクラスをなくすことにした。欧州18路線ではスペイン・バルセロナとマドリード、トルコ・イスタンブール、クロアチア・ザグレブを結ぶ4路線でファーストクラスをなくす。オセアニア4路線はオーストラリアのシドニー路線だけファーストクラスを残し、ブリスベン、ニュージーランド・オークランド、フィジー・ナンディの3路線は2クラスに転換する。独立国家共同体(CIS)6路線ではウラジオストク、サンクトペテルブルク、イルクーツク、タシケントの4路線でファーストクラスをなくす。

短距離である中国・東南アジア・日本などアジア路線の大部分ではファーストクラスが消える。中華圏27路線では金浦(キンポ)・仁川(インチョン)~北京、金浦・仁川-上海、香港、台北の6路線だけファーストクラスを残すことにした。東南アジア23路線はタイ・バンコク、シンガポール、フィリピン・マニラ、インドネシア・ジャカルタ、マレーシア・クアラルンプール、ベトナム・ホーチミンとハノイの7路線を除きすべての路線を2クラスで運営する。日本12路線も金浦-羽田、仁川-成田、金浦・仁川-関西、仁川-中部の5路線だけファーストクラスを残すことにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年05月02日 10:10
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
スターウォーズ版ギャラクシー発売へ
国際結婚など多文化家庭の学生を支援
元ワナワン、パク・ウジン 膝を手術
世界3大空港に…仁川空港拡張始まる
セブチのリーダー、活動を一時休止
エスティローダー、DrJart買収
ハン・ダガム、1歳年上事業家と結婚
CNジョン・ヨンファ、ソロツアー
映画ブラックマネー、100万人突破
釜山、東京五輪の事前キャンプ誘致へ
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
韓国料理2店が4年連続が三つ星...
19.11.14
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]