韓国旅行「コネスト」 韓国の宿泊・飲食店従業員70%が月給200万ウォン未満。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国の宿泊・飲食店従業員70%が月給200万ウォン未満

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国では最低賃金引き上げの影響を受けている業種の就業者数が昨年下半期に大幅に減少している。韓国統計庁が23日に公表した報告書「2018年下半期 地域別雇用調査就業者の産業および職業別特性」を見ると、昨年10月を基準として前年同月に比べて就業者が最も減少した産業は飲食店業だった。10万4000人が減少した。続いて雇用あっ旋および人材供給業(-8万5000人)、総合小売業(-3万7000人)、陸上旅客運送業(-2万8000人)等の順となっている。

職業別にはショップ販売従事者(-6万3000人)、建設および鉱業単純従事者(-4万8000人)、自動車運転手(-4万人)、飲食品サービス従事者(-3万8000人)等の順で大幅に減った。民間消費が振るわないうえに、相対的に低賃金就業者が多い産業・職業群なので急激な最低賃金引き上げに伴う雇用減少の打撃が特に大きかったという分析だ。

漢城(ハンソン)大学経済学科のパク・ヨンボム教授は「全般的に脆弱階層が多く従事しているところに分類される業種で打撃を受けた状況」としながら「継続している景気不振の影響に最低賃金引き上げと週52時間制施行が衝撃を倍加させた」と診断した。

反面、就業者が大幅に増えた産業は非居住福祉施設運営業(10万8000人)、病院(5万人)、作物栽培業(3万9000人)、その他教育機関(3万8000人)の順となった。福祉・少子化・帰農政策などで政府が財政を投じた産業に分類される。職業別には作物栽培従事者、世話および保健サービス従事者などの増加幅が大きいほうだった。

全体就業者のうち、賃金勤労者2024万人の月賃金水準は▼100万ウォン(約9万7500円)未満が10.2% ▼100万ウォン~200万ウォン未満が27.1%▼200~300万ウォン未満が29.7%▼300~400万ウォン未満が16.3%▼400万ウォン以上が16.8%--だった。

最低賃金引き上げ政策の効果で200万ウォン以上の比率が62.7%となり、前年比4.4%ポイント上昇したというのが統計庁の説明だ。低賃金勤労者の比率は農林漁業と宿泊および飲食店業で高かった。農林漁業分野の勤労者は73.8%が、宿泊および飲食店業勤労者は70.2%が月給が200万ウォン未満だった。

反面、金融および保険業、専門科学および技術サービス業、情報通信業は400万ウォン以上の月給をもらっている比率はそれぞれ36.7%・36.2%・33.5%と高く現れた。職業で区分すると、月給が400万ウォン以上の勤労者比重は「管理者職群」が76.9%で圧倒的に高かった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年04月24日 11:47
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国航空業界に国際線再開の動き
チャン・グンソク 兵役終える
韓国滞在外国人事前申請で診断書不要
プロデュースXの関係者に実刑判決
マスク6月から曜日関係なく購入可能
外国籍同胞 韓国名で本人確認可能に
首都圏の国立文化芸術施設を再休館
イ・ヨンア、3歳年下の一般人と結婚
BoA、ボイスコリアの発表会に登場
済州島、市内の免税店が休業へ
BTOBイルフン、兵役のため入所
イ・ドンゴンとチョ・ユニが離婚
週間アクセスランキング
BTSとセブチが同じ事務所に
20.05.26
イ・ドンゴンとチョ・ユニが離婚
20.05.28
日本の入国規制延長に韓国が遺憾
20.05.25
イ・ヨンア、3歳年下の一般人と...
20.05.28
首都圏公共施設6/14まで運営中止
20.05.28
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]