韓国旅行「コネスト」 韓国3大芸能企画会社、営業利益ことしも50%以上増加…「V.I、YGに影響出ない可能性も」。韓国の芸能ニュース
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
KONEST
【NANTA】27(土)18時まで!最大30%OFF
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

Wi-Fi・携帯
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

韓国3大芸能企画会社、営業利益ことしも50%以上増加…「V.I、YGに影響出ない可能性も」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国3大芸能企画会社の営業利益が昨年に続きことしも50%以上増加するものと予測された。

11日、投資分析ソリューション提供企業「FnGuide」によるとSMエンターテインメント・JYPエンターテインメント・YGエンターテインメントの3大企画会社の1ー3月期営業利益のコンセンサスは合計196億ウォン(約19億円、SM 87億ウォン、JYP 68億ウォン、YG 42億ウォン)で昨年同期より43.5%増加したものと推定された。

これらの企画会社のことしの営業利益は1303億ウォン(SM 608億ウォン、JYP 448億ウォン、YG 246億ウォン)と予想された。これは昨年に比べ51.5%増加した規模だ。3大企画会社の昨年の営業利益も前年より54.6%増えた860億ウォン(SM 477億ウォン、JYP 287億ウォン、YG 95億ウォン)だった。

更にボーイズグループ防弾少年団(BTS)の所属会社BigHitエンターテインメントまで加えて比較すると営業利益増加率ははるかに高い。これらの企画会社4社の昨年の営業利益は1501億ウォン(BigHit 641億ウォン)で前年より70.3%も増加している。BigHitは非上場企業のため証券街で通用する実績展望値はまだないが、ハナ金融投資はBigHitのことしの営業利益は昨年より40.3%増加した900億ウォンに及ぶと予想した。

一方、国内の主なKOSPI(韓国総合株価指数)・KOSDAQ(コスダック)上場企業262社のことしの営業利益は159兆3534億ウォンで昨年より11.9%減少するものと予測された。

韓国企業の実績不振の憂慮が高まる中、エンターテインメント産業は高い成長傾向が期待され、「V.Iゲート」で損なわれた投資心理が回復するか注目される。また、「V.Iゲート」でエンターテインメント企業の株価が急落したが、該当上場企業のファンダメンタル(基礎体力)が損なわれたとは見なしがたいという分析もある。

YGエンターテインメントも国税庁の特別税務調査を控えているため不確実性はあるが、まだ未来を速断するのは早いというのが証券会社の展望だ。

ハナ金融投資のイ・ギフン研究員は「YGの核心的イシューは結局、グループBIGBANG(ビッグバン)の日本ツアー収入だが、元々最もファンが少ないV.Iが脱退したからと言って日本ツアーの規模が減ることはないだろう」と予想した。続けて「国税庁の特別税務調査にともなう不確実性のため投資家はYGに対して保守的な観点からアプローチするしかないが、今回の税務調査がYGという企業の存在を根幹から揺るがすほどでなければ低評価による魅力が浮上するだろう」という診断も出した。

YG所属のガールズグループBLACKPINKが最近リリースした新曲『KILL THIS LOVE』も順調だ。『KILL THIS LOVE』のミュージックビデオは公開2日14時間で再生回数が1億回を越え、ユーチューブ・ミュージックビデオ史上最短期間の再生回数1億回突破記録を立てた。英BBC放送や米音楽専門紙ビルボードなどは「ユーチューブの絶対強者として生まれ変わった」などの賛辞を贈った。BLACKPINKのユーチューブ再生回数は東南アジアのファンの応援のおかげで以前から億を記録してきた。今月始まる北米ツアーでどれほどの成功を収めるか関心が集まっている。

業界ではユーチューブなどグローバル・プラットホームの利用拡散により勢いづき、しばらく主要なK-POP企画会社の実績は高空飛行を継続するものと展望している。実際にユーチューブを通じて流入する海外のK-POPファンダムが継続的に拡張され、音楽配信収入も増加している。現代車証券のユ・ソンマン研究員は「製薬・バイオなど成長産業として挙げられる他の業種はまだ『未来の可能性』の側面が大きいが、K-POPエンターテインメント産業は今現在実績で成長傾向を見せている」と話した。

JYPとBigHitは巡航中だ。JYPは所属ガールズグループTWICE(トゥワイス)の日本ドーム・ツアーなどで大きな実績をおさめ、昨年業界2位を獲得した。TWICEは最近日本ドーム・ツアーで22万人の観客を動員したのに続き来月から米国など7カ国のワールド・ツアーによりユーチューブで形成されたグローバル・ファン層の攻略に出る。

BigHit所属の防弾少年団は北米など全世界でK-POPアーティストとして類例のない成功を収めている。防弾少年団は12日午後6時に新譜『MAP OF THE SOUL:PERSONA』とリード曲『Boy with Luv』を公開する予定だ。

業界では防弾少年団がK-POP市場に「トリクルダウン理論」を提供し、K-POPの成長を牽引するものと期待する。ユ・ソンマン研究員は「過去に『江南(カンナム)スタイル』の時のPSY(サイ)は1人で人気を得たが、防弾少年団はユーチューブ等で他のK-POPアーティストのグローバル認知度をアップする効果も出している」と話した。

続けて「防弾少年団のカムバックが北米など海外で大衆的な反応を起こした場合『V.Iゲート』で損なわれたK-POPの世界的イメージを再び引き上げ、関連種目への投資心理にも肯定的な影響を及ぼす可能性がある」と予測した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年04月11日 16:41
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チョン・ジヒョン、イベントに参加
DMZ平和の道、27日から一般開放
モンエク、日本ファンコン5都市完売
ユチョンさん 拘束令状審査に出席
GOT7、新譜とワールドツアー予告
サムスン、新型ギャラクシー販売好調
文大統領、不支持が支持率を上回る
「韓国カフェ巡りinソウル」発売
大統領府報道官に元女子アナが就任
薄緑色の新芽が一面に 大韓茶園宝城
週間アクセスランキング
女優ク・ボニム 上咽頭がんで死...
19.04.22
薬物使用容疑ユチョン 3度目の...
19.04.22
ユチョン薬物使用容疑で芸能界引...
19.04.24
ユチョンさんの弟 「兄は大丈夫...
19.04.25
GW期間 外国人客向けイベント多...
19.04.22
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]