韓国旅行「コネスト」 20年ぶりに再び韓国安東を訪れる英国ロイヤルファミリー。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

20年ぶりに再び韓国安東を訪れる英国ロイヤルファミリー

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
昨年末、朴銀夏(パク・ウナ)駐英韓国大使は英国エリザベス2世女王に謁見した席で「王室家族を韓国に招待したい」という意向を伝えた。2019年はエリザベス2世女王が韓国に訪問して20周年を迎える年だという説明を付け加えた。女王は「安東(アンドン)河回村(ハフェマウル)での思い出をまだ記憶している」と述べて期待を表した。

英国女王が約束を守った。来月14日、女王の次男であるアンドルー王子が安東を訪れるからだ。女王が河回村を訪れてからちょうど20年ぶりとなる。アンドルー王子はこの日、安東にある慶北道庁を先に訪れて記念植樹をした後、河回村に向かう。河回村の忠孝堂(チュンヒョダン)で「ロイヤルウェイ」命名式を主管する。

ロイヤルウェイは1999年に女王が河回村と農産物卸売市場、鳳停寺(ボンジョンサ)を見学しながら通った道(32キロメートル)をいう。安東市は女王と王子が通ったこの道を「ロイヤルファミリー」が訪れた道という意味で「ロイヤルウェイ」と命名する。忠孝堂は西厓(ソエ)・柳成龍(リュ・ソンリョン)先生の宗宅だ。当時、女王が忠孝堂に上がるときに履き物を脱いで上がって話題になった。西洋では足を出すことをダブー視する文化があり、当時外信記者が女王の行動に戸惑ったと伝えられている。

王子はまた、河回村の古宅である澹然斎(タムヨンジェ)で女王の誕生日祝膳を代わりに受ける。93歳の女王の誕生日は4月21日だが、安東訪問20周年を記念して安東市が改めて誕生日祝膳を用意する。アンドルー王子は誕生日祝膳を受け、英国から持参した女王の感謝メッセージを読み上げる。

王子は女王が立ち寄った農産物卸売市場と鳳停寺も訪れる。女王と同じように梵鐘をついて石塔を積み、大雄殿を観覧する。

安東市は今回のアンドルー王子の訪問を積極的に広報している。鳳停寺と河回村などには女王フォトゾーンを設置する予定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年04月10日 11:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
TWICE、アルバム オリコン1位
キム・ウビン、2年6カ月ぶり公式席
ママム、新譜で自己最高記録塗り替え
日本若年層で冷めない韓国語の人気
BTSも入隊 芸能人は兵役免除せず
少子化で兵役人員が不足…代替縮小へ
ジュンス、10年ぶりテレビ番組出演
鉄道スト2日目 首都圏で運行本数減
景福宮「香遠亭」周囲でオンドル発見
MAMAにIZ*ONEなど不参加か
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で...
19.11.15
キム・キュジョン、日本人彼女と...
19.11.18
サムスンのスマホ 日本でシェア...
19.11.15
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]