韓国旅行「コネスト」 大韓航空会長の取締役再任案否決 経営権失う=株主総会。韓国の経済ニュース
KONEST

大韓航空会長の取締役再任案否決 経営権失う=株主総会

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓航空が27日開いた定時株主総会で、同社を中核とする財閥、韓進グループを率いる趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の取締役再任案が否決された。

 趙会長の再任には株主の66.66%以上の賛成が必要だが、再任案の票決結果は賛成64.1%、反対35.9%で、株主の支持を得られなかった。

 これにより、趙会長はグループ創業者の父親、趙重勲(チョ・ジュンフン)氏の後を継ぎ、1999年に大韓航空の最高経営責任者(CEO)に就任してから20年で同社の経営権を失うことになった。

 株主権の行使により、大企業の総帥が経営権を失う初の事例になる。

 趙会長は、大韓航空機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒り滑走路に向かっていた機体を引き返させ「ナッツ姫」と呼ばれた趙顕娥(チョ・ヒョンア)元大韓航空副社長の父。自身も横領・背任、薬事法違反の罪などで在宅起訴されるなど、一家を巡る疑惑が社会的な物議を醸した。

 今回の再任案否決は、大韓航空の大株主である国民年金公団が再任に反対し、議決権の行使を表明していたことからある程度予想されていた。また、外国人株主や個人株主なども趙会長に背を向けたと分析される。進歩(革新)系の「参与連帯」などの市民団体が再任反対運動を行ったことも影響したとみられる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年03月27日 11:58
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
政府 コロナへの特別対策を策定
韓国製薬社 ワクチン臨床試験に着手
NU'ESTが7年ぶりフルアルバム
ロゼ 二つのギネス世界記録認定
新型コロナ流行の「第4波」警告
イ・ジュニク監督新作 週末興行1位
BTS17日にイベント無料配信
韓国の新規コロナ感染者587人
12日から屋内でマスク常時着用
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
週間アクセスランキング
女優オム・ジウォン、結婚7年で離婚
21.04.07
ハ・ジウォンが画家に すでに売却も
21.04.07
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]