韓国旅行「コネスト」 「さすがソ・カンジ」俳優ソ・ジソブ、2019アジア・ファンミ盛況withファン2万人。韓国の芸能ニュース
KONEST

「さすがソ・カンジ」俳優ソ・ジソブ、2019アジア・ファンミ盛況withファン2万人

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
俳優ソ・ジソブが2019アジア・ファンミーティング・ツアー「Hello」を盛況裡に終えた。台北、東京、神戸、バンコク、ジャカルタ、香港、マニラまで合計6カ国7都市のアジア・ツアーを終え、てグローバル・スターとしての地位を立証した。2万人余りのファンと忘れることのできない時間を持った。

2月10日に台北で華々しいスタートを切ったソ・ジソブのファンミーティングは「君がいないとほほ笑むことができない」という歌詞が心に響き、ファンのことを思い選んだ曲というバリー・マニロウの『Can‘t Smile without you』を歌いながら幕を開けた。

久しぶりにファンに会った感想を伝え、質問に誠心誠意答えたのはもちろん、ドラマ『私の後にテリウス』で伝説のスパイ、キム・ボンに扮したソ・ジソブの姿に着眼した「コードネーム・テリウス」コーナーでは自らファンの悩みを聞いて相談を受ける細やかな一面を見せた。それだけでなく「ファンに1つしかないプレゼントを贈りたい」というソ・ジソブの提案で特別に製作したネックレスとポラロイド写真をサプライズ・プレゼントとして準備し、ファンの熱狂的な反応を引き出した。

続いて行われた第2部公演ではヒップホップグループ「SOUL DIVE(ソウル・ダイブ)」と一緒にヒップホップ・コンサートを彷ふつさせるほどの情熱的なパフォーマンスを披露した。舞台上を熱くするソ・ジソブの姿にファンはソ・ジソブの名前を連呼し、ファンの熱い歓声があふれ、雰囲気はより一層高まった。ファンミーティングの後には記念写真撮影およびハイタッチであいさつし、最後まで真心がこもったファン・サービスを贈りながら公演に終止符を打った。

ソ・ジソブに会うために集まったアジアのファンはソ・ジソブの手振り1つ、言葉1言に熱気を帯びた歓声を送った。特にタイのファンミーティングに先立ち行われた記者会見では現地の有力メディアが熱い取材競争を繰り広げた。ソ・ジソブは「いつどこででも、毎日するのがあいさつだと思うが、気持ち良いあいさつで始めて良い縁をつないでいこうという意味で今回のアジア・ツアーのタイトルを『Hello』に決めた」と明らかにし、「会いたかったファンの皆さんと楽しい時間を過ごしたい」と希望を伝えた。

2014年に台湾、日本、タイ、中国、シンガポール、大韓民国で開かれた初のアジア・ツアー、2015年に台湾、中国、日本で開かれた2度目のアジア・ツアー、デビュー20周年を記念して日本、台湾、インドネシア、シンガポール、中国、大韓民国で2017年に開かれた3度目のアジア・ツアー、そして今回4度目のアジア・ツアーを行い、韓流パワーを誇った。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年03月19日 13:52
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ソウル運転しやすい都市・世界53位
LINEとヤフージャパンが経営統合
BTSのタキシード 米博物館で展示
キム・キュジョン、日本人彼女と破局
ソン・イェジン、財閥相続女に変身
野球・稲葉監督、日本と韓国は紙一重
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で勝訴
『プロデュース』の全シーズンねつ造
サムスンのスマホ 日本でシェア拡大
TWICE、3年連続紅白歌合戦出演
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
韓国料理2店が4年連続が三つ星...
19.11.14
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]