韓国旅行「コネスト」 アスリート・芸術家の兵役特例制度 作業部会で存廃議論へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

アスリート・芸術家の兵役特例制度 作業部会で存廃議論へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国でアスリートや芸術家に対する兵役特例制度の存廃を検討する国防部・兵務庁・文化体育観光部によるタスクフォース(作業部会)が3月中に発足する。兵務庁が18日、国会国防委員会で行った業務報告で明らかにした。

 兵務庁は「2018年のジャカルタ・アジア大会を機に兵役履行の公平性や公正性の問題が起きた」として、「時代の環境に応じ、国民の目線に立った制度改善を推進する」との方針を示した。

 現行の兵役法によると、▼五輪3位以上の入賞者▼アジア大会の優勝者▼国際芸術コンクール2位以上の入賞者▼国内芸術コンクールの優勝者――らは芸術・体育要員となり、4週間の基礎軍事訓練を受けた後、民間で活動を続けられる。一定期間の特技奉仕活動の義務があるが、軍生活をしないため、事実上の兵役免除措置となる。

 このため、兵務庁長が指定する国際大会での一回だけの入賞で兵役免除の特例が与えられる現行の制度に問題があるとの指摘が出ていた。ジャカルタ・アジア大会では一部の試合だけに出場した野球の代表選手らが兵役免除の特例を受けることになり、同制度を巡る論争が起きた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年03月18日 11:06

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
兵役逃れ疑惑の歌手 入国訴訟で勝訴
BTSのツアー売り上げ約127億円
『プロデュース』の全シーズンねつ造
野球韓国代表に関心見せる日本取材陣
サムスンのスマホ 日本でシェア拡大
TWICE、3年連続紅白歌合戦出演
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で死去
韓国料理2店が4年連続が三つ星獲得
ソン・ジヒョ、ソン・ホジュンと共演
BLACKPINK、次世代スターに
週間アクセスランキング
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
チェ・ジョンフンに懲役5年を求...
19.11.14
ソン・ジヒョ、ソン・ホジュンと...
19.11.14
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]