韓国旅行「コネスト」 「人より機械が気楽なあなたのために」…雑貨屋にまで広がる無人注文機。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「人より機械が気楽なあなたのために」…雑貨屋にまで広がる無人注文機

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
先月27日午後、ソウル瑞草区(ソチョグ)の高速バスターミナル内のキムパプ(韓国のり巻き)屋。ちょっと見ただけでも古そうな50余席規模のキムパプ屋の中に最新の無人注文機が設置されていた。20代くらいの女性客がこの無人注文機の前で自然に自身の食べるキムパプを注文し、スムーズに決済まで終えた。無人注文機を使ったキムさん(21)は「気が弱い性格の人達は店員に直接話して注文するより人と対面せずに機械で注文して決済する方が気楽に感じる」と話した。この女性は食事中、誰にも邪魔されずにセルフサービスで食器の返却まで自分で終えてから静かに食堂を出た。キムパプ屋を運営するチョンさん(54)は「機械を初めて買った時に500万ウォン(約50万円)使ったが、一度買ってしまえば人件費もかからずお客さんも満足しているようで買ってよかったと思う」と話した。

大型マートやフランチャイズ飲食店などを中心に導入された「キオスク」が小規模のキムパプ屋、製菓店、スタディ・ルーム、ヘアショップなど様々な業種の店舗に拡散している。人に接するより機械の使用に慣れた若者層の消費者の「対面ストレス」を減らし、キオスクの普遍化を導いているという分析だ。また、雇い主の人件費負担はもちろん、職員採用・管理ストレスまで減らしてくれるため自営業者の間では「キオスク1台入れる方がアルバイトを1人雇うより100倍気楽だ」と言われている。

キオスクとは本来、公共場所に設置されたタッチスクリーン式の情報伝達端末を意味していたが、最近では無人注文計算機などの意味に拡大して使われている。ソウルでキオスク製菓店10店舗を直営で運営しているキム・ドンシクさん(50)は「人を雇用するためには募集をかけて面接し、継続的に管理しなければならないがキオスクは一度入れればそれ以上気を使わなくてもいい」として「無人注文決済機の導入を後悔していない」と話した。アルバイトの無断欠勤や収益の一部をこっそり抜き取るなどの不正をもう心配しなくていいということだ。キムさんは「初めは製品ロス(盗難)に対する懸念が大きかったが、思ったより深刻ではなかった」とし、「お金もお金だが職員採用から生じる自営業者の悩みを半分に減らした」と話した。

キムさんの場合、元々製菓店1店舗を運営するために1カ月平均4人のアルバイトを雇用していたという。これらにかかる人件費が1カ月に350万~400万ウォン水準だった。しかし1台当り450万ウォンのキオスクを店舗に導入した後はアルバイト1人を管理人として雇用し、3店舗を同時に管理させた。過去には400万ウォンで1店舗を管理したが、今は管理人の月給200万ウォンで3店舗を管理しているという。キムさんは「職員採用の場合は人件費以外にも食費、交通費、暖房費、冷房費などを心配しなければならないが、もうそんな心配をする必要がなくなった」とし、「また、24時間運営したら売り上げ全体も大きく増えた」と説明した。

消費者もキオスク導入により人に関するストレスが大幅に減ったという反応だ。特に機械の使用に慣れている若い消費者層が肯定的な反応を見せている。大学生のクァク・ジュンホさん(26)は「キオスクはカード決済だけして待っていれば5~10分後に食べ物が出てくるから手軽だ」とし、「割引クーポンを使う時も店員と直接話さずに自分で入力して使える場合があるから面倒くさくもない」と話した。パク・スキさん(50)も「カードで小額を決済する時、店員に直接決済をお願いするのは少し気づまりな場合があった」とし、「無人機では店員に遠慮せずに自分でカード決済ができるから便利だ」と話した。

もちろん高齢者層がキオスク使用を不便に思う場合もある。最近、ある無人コーヒーショップで友人達と同窓会を開いたソさん(66)は「若い人達は機械を使うのに慣れていて一度見ればすぐ使えるだろうが、私達のような人は説明を聞いても使い方がよく分からないことが多い」とし、「また、1人ずつ順番に注文をしようとしたら不便で、人が注文を取る方がいい」と話した。

専門家らは町内の雑貨屋にまで広がるキオスクブームについて「1人創業の増加および最低賃金引き上げ、社会的断絶など3拍子が合致した結果」と評価した。世宗(セジョン)大学経営学科のキム・デジョン教授は「小資本・小規模の1人創業が増加する状況で、ことし最低賃金が急に8350ウォンに上がったため週休手当てを含む時給は1万30ウォン水準に上がった」とし、「人件費対策が取れなかった小売商人・自営業者はキオスク使用を真剣に考慮するしかない」と説明した。キム教授は「こうした中、人と向き合うことを嫌がり自身のクレジットカードを他人の手に任せたがらない若者層の消費トレンドが合致し、小さな店舗まで無人注文機の影響圏に入りつつある」と分析した。

キオスク製作販売業者でも最近キオスクが普遍化している理由の1つが小規模の1人創業の増加だと見ている。10年以上キオスク製作販売をしているというTCJシステムのチャン・ソンナム代表は「最近では初期投資資本が少ない1人創業者が職員を雇用することに負担を感じ、初めから無人注文機を導入して商売を始める場合が大多数」と紹介した。チャン代表は「酒類販売など後払い制が普遍的な業種では客が何か1つ注文するたびに機械を利用しなければならない煩わしさのため導入は難しいが、それ以外の先払いが可能な業種では無人注文機の使用が一般的になりつつある」と説明した。

キム教授は「日本は韓国より無人化システムが普遍化しているが、韓国も雇用率と最低賃金政策に変化がなければ日本のようにとても小さい町の小さなお店までキオスクが導入されるだろう」と見通した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年03月05日 11:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
世界3大空港に…仁川空港拡張始まる
セブチのリーダー、活動を一時休止
エスティローダー、DrJart買収
ハン・ダガム、1歳年上事業家と結婚
CNジョン・ヨンファ、ソロツアー
GF、ソウル~横浜までアジアツアー
映画ブラックマネー、100万人突破
ソウル運転しやすい都市・世界53位
BTSのタキシード 米博物館で展示
釜山、東京五輪の事前キャンプ誘致へ
週間アクセスランキング
パク・ハソン弟、急性心筋梗塞で...
19.11.15
韓国料理2店が4年連続が三つ星...
19.11.14
『プロデュース』の全シーズンね...
19.11.15
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]