韓国旅行「コネスト」 外国人も一目惚れした韓国伝統笠帽子「カッ」…アマゾンでも販売。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

外国人も一目惚れした韓国伝統笠帽子「カッ」…アマゾンでも販売

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
世界的な総合ECサイト「アマゾンドットコム(Amazon.com)」に朝鮮時代の帽子が商品として登場した。「韓国ドラマ『キングダム(Kingdom)』の帽子-朝鮮時代伝統帽子」という説明には、ドラマ『キングダム』のスチールも添えられていた。この韓国伝統笠子帽「カッ」の価格は49.99ドル(約5540円)。両班(ヤンバン)が家で使った程子冠(チョンジャグァン)の価格は39.99ドル。関連アイテムに白の道袍(トポ)を推薦している。道袍の価格は109.09ドル。アマゾンドットコムではこれら帽子と道袍をハロウィン衣装に推薦していた。

これはNetflix(ネットフリックス)を通じて放映されたドラマ『キングダム』が外国人の間で大きな人気を呼んで広がった現象だ。一種の人気ドラマの中アイテム(グッズ)販売だ。実際、キングダムを見た多くの外国人のツイッターレビューを見ると、ドラマの中の帽子に大きな関心を持っていることがわかる。「あなたはNetflixでキングダムを必ず見るべき。ゾンビと本当にファンシーな帽子のために」「キングダムを通じて朝鮮の歴史と帽子についてもう少し知りたかった」「シリーズ2の内容がすでに気になるが、2部では朝鮮の帽子をもっと多く見たい」「Netflixキングダムはゾンビと帽子に対するドラマだ」「すべての人が最高の帽子をかぶっている」「Netflixキングダム、本当にすばらしいが、最高なのはゾンビより帽子」などのレビューが続いている。ある人たちはドラマ『キングダム』の題名を『カッキングダム』と変えて呼ぶこともした。神を意味する単語「GOD」と笠帽子「カッ」が韓国語で同じ発音であることにひっかけてつけられた。(訳注:正確には韓国語の最初の子音は濁音にならないため、全く一緒にはならない)

ドラマ『キングダム』を通じて韓国を「帽子の国」と新たに認識した外国人が多いが、これは今更のことではない。2017年国立民俗博物館と天安(チョナン)博物館が共同で企画した「帽子、品格の完成」展示図録を見ると、実際に朝鮮は「帽子の国」だった。開港期に朝鮮を訪問したフランス民俗学者シャルル・ヴァラ(Charles Varat)のような外国人は、韓国の人々が身分を問わず色とりどりの帽子をかぶっている様子を見て韓国を「帽子の国」「帽子の発明国」「帽子の王国」と呼んで絶賛したという。フランス画家ジョセフ・ド・ラ・ネジエールは「帽子に関する限り、アリストテレスに諮問をしてもかまわないレベル」としながら感心したりもした。

有名ファッションデザイナーのキャロライナ・ヘレラは2011年春・夏ニューヨークコレクションの舞台ですでに女性モデルの頭飾りに韓国の笠帽子を活用したことがある。

韓国の帽子は単にファッションの小道具だけではなかった。衣冠整斉(ウィグァンジョンジェ、格式を備えて衣服と帽子をきちんと着こなす)を通じて品格を完成した一種の文化だと定義することができる。『韓国服飾辞典』著者であるカトリック大学のカン・スンジェ名誉教授は「古代から、わが国は冠をかぶっていないサントゥといわれるまげをしただけの男はサンノム(庶民)として分類された」とし「身分と用途に合う多彩な帽子が存在するわれわれを日本が非常に羨んだ」と話した。特に、ソンビは国政を議論しに行くときにかぶる帽子と執務をするときの帽子、家で使う帽子などがみな違うほどその種類が多種多様だった。TPOにあわせた帽子を着用して礼と品位を守ろうとしたためだ。

特に『キングダム』に頻繁に登場し、外国人が最も多く魅了されたカッについて、カン教授は「わが民族が作った固有の帽子で世界どこの国にも見られない形態を持っている」とし「黒笠、草笠、白笠、漆笠など、素材やデザイン、用途によって種類もさまざま」と説明した。

カッは馬の尻尾の毛や細く割いた竹を構成して形を作ってその上に黒漆を塗って完成させる。カッの高さとヤンテ(日除けのための丸いツバの部分)の広さは時代により違なる。一種の流行が存在した。朝鮮伝記の記録はないが、中期以降は粛宗(スクチョン)・正祖(チョンジョ)の時代を除いてヤンテが広いカッが普遍的で、高宗(コジョン)の時代にはヤンテが最も狭い笠になったという。記録上では仁祖(インジョ)と孝宗(ヒョジョン)の時にカッが高くてヤンテがとても広く、門の出入りの時に邪魔になるほど大きなカッが流行したという。笠紐にはコハクなどの宝石を付けておしゃれもした。

今回のキングダムのすべての衣装と帽子をはじめとする装飾品を直接製作したクォン・ユジン衣装監督も、本紙との書面インタビューで「時代によって衣装と帽子の流行が違っていて、どの時代を背景にするか悩み、ゾンビが登場する虚像のドラマなので特定の王朝に決めないで朝鮮中期ごろの設定を想定して作業した」と話した。クォン監督は映画『バトル・オーシャン/海上決戦』(2014)や『パイレーツ』(2013)、『王になった男』(2012)などの衣装を担当した。次はクォン・ユジン監督との書面インタビューの内容。

--朝鮮時代は時代によってカッの高さや衣装の袖の広さがバラバラだった。

「袖の長短などの流行があったが、『キングダム』は具体的な時代を表現するというより朝鮮時代の韓服の美しさをうまく表現することに集中した。だから、現在大多数の韓国の人々に合う長さ、広さを使って異質感をなくそうとした」

--全体的な衣装コンセプトは何だったか。

「ゾンビに変わる前は皆がきちんと着こなした両班、善良な良民というものに焦点を置き、韓服の美しさを表現しようとした。劇の展開そのものが、血が飛び散り肉が飛ぶすさまじい映画だが、衣装においては韓国特有の美しさ、繊細さ、色と共にタフな民衆の汗においがする人生を表現することを強調した。また念頭に置いたのは、赤い血が多く登場する映画なので、赤い原色の色はできる限り避けてカラー調整をした」

--衣装を直接製作したと聞いた。

「今まで映画など200余りの作品に参加したので韓服を製作することに大きな困難を感じることはなかった。カッや各種帽子、わらじもすべて直接製作し、主人公イ・チャンが着た袞龍袍(コンリョンボ、君王の正服)の刺繍もひとつひとつ縫い作業した。帽子の場合は俳優の顔のサイズに合うように比率を合わせて製作し、ヤンテの大きさは階級により差をつけて、帽子にかかった装身具も重厚なキャラクターは重い装身具や笠紐を付けたりするなどの違いをつけて製作した」

--Netflixというプラットホームの特性上、世界の人々に韓国の伝統衣装が紹介されることに責任感を感じたようだ。

「日本の衣装である着物はHラインで韓服はAラインを基本としている。外国人が東洋の衣服といえば日本の着物から思い出すのが一般的なので、この機会に韓服の優雅な部分をもう少し知らせたかった。帽子に対する海外の反応には驚いたが、これを通じて韓国の視聴者も韓国伝統文化に対してもっと誇りを持つ契機になってほしい」
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年02月27日 16:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
VIXXレオ12月社会服務要員服務
チェ・ジョンフンに懲役5年を求刑
2AMジヌン交際発覚、その相手は?
カン・ダニエル4カ月ぶり新曲発表
ソウル市スクランブル交差点を2倍に
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
サムスン電子、企業評価調査でトップ
HDC、エアプサン再売却するか
ASTROムンビン治療に専念
韓日が例年通り情報交流会議開催
週間アクセスランキング
コスパいいレストラン60店を発表
19.11.07
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
IZ*ONE、結局カムバックも延期
19.11.08
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]