韓国旅行「コネスト」 韓国海外通販 輸入品26%は中国製=輸出は衣類がトップ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国海外通販 輸入品26%は中国製=輸出は衣類がトップ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】昨年韓国でのインターネット通販による輸入のうち、4件に1件は中国製品の購入であることが分かった。ネット通販による輸出件数も増加幅が前年より拡大し、輸出全体の増加率を大きく上回った。

 韓国関税庁が25日までに発表したネット通販に関する資料によると、昨年、ネット通販による輸入は3225万件で輸入額は27億5000万ドル(約3043億円)だった。件数では前年比37%、金額では同31%増加した。

 関税庁は海外通販が国内のネット通販レベルに便利に改善され、価格が安い海外製品を買いやすくなった点などが原因と分析した。

 国別のシェアを件数ベースでみると、米国が50.5%で最も多く、中国(26.2%)、EU(欧州連合・12.5%)、日本(8.0%)と続いた。米国が前年の56.4%より減少し、中国が前年の17.3%より10ポイント近く上昇した。金額ベースでは米国(53.3%)、EU(20.3%)、中国(16.9%)、日本(6.2%)の順だった。

 品目別では健康食品(664万件)が最も多く、衣類(465万件)、電子製品(378万件)の順だった。2017年は衣類が4位、電子製品が5位だったが、それぞれ順位を上げた。特に中国製の掃除機(280%増)や空気清浄器(190%増)などが増加した。

 一方、昨年のネット通販による輸出件数は961万件で前年比36%増加し、輸出額は32億5000万ドルで前年比25%増加した。

 昨年の韓国の輸出総額の増加率が5%程度であったことを考えれば、ネット通販による輸出はその約5倍の伸びを記録したことになる。

 ネット通販の輸出が増えたのは、韓流人気や流通段階の簡素化、店舗と合わせた海外マーケティングなどの影響と関税庁は説明した。

 国別のシェアを件数ベースでみると、日本(35.3%)が最も多く、中国(31.2%)、シンガポール(9.9%)と続いた。金額ベースでは中国(32.8%)、日本(31.5%)、米国(11.2%)の順で大きかった。

 品目別では衣類・化粧品の件数が全体の69%を占めた。特に衣類の輸出件数は前年比162%増加し、化粧品を抜いて1位を記録した。

 韓流の人気により、K-POP関連の音楽CDや文房具などの輸出が増え、特に防弾少年団(BTS)のCDの販売が急増した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年02月25日 15:43

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
イ・ヨンエ、インスタアカウント開設
BTS韓米日音楽授賞式出演で大忙し
ファッションウイーク 釜山で開幕
女優Ara、「風邪に気をつけて」
週末はソウルで大規模集会 渋滞予想
カフェ店内での紙コップ使用禁止へ
EXO 年末ソウルでアンコール公演
韓国観光公社、日本モデル2人と契約
TWICE、アルバム オリコン1位
キム・ウビン、2年6カ月ぶり公式席
週間アクセスランキング
キム・キュジョン、日本人彼女と...
19.11.18
BTSも入隊 芸能人は兵役免除せず
19.11.21
日韓便減少で韓国航空各社他地域...
19.11.20
日本若年層で冷めない韓国語の人...
19.11.21
MAMAにIZ*ONEなど不参加か
19.11.20
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]