韓国旅行「コネスト」 「ナッツ姫」から暴言・暴行 離婚訴訟中の夫が告訴。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ナッツ姫」から暴言・暴行 離婚訴訟中の夫が告訴

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】大韓航空を中核とする韓国財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の長女で大韓航空元副社長の趙顕娥(チョ・ヒョンア)氏(44)が、離婚訴訟中の夫から暴行などの容疑で告訴されたことが20日、分かった。

警察などによると趙氏の夫は19日、ソウル・水西警察署に趙氏を特殊傷害、児童福祉法違反上の児童虐待、特定強制犯罪加重処罰法上の背任などで告訴した。

 夫は昨年4月に趙氏を相手取ってソウル家庭裁判所に離婚訴訟を起こし、離婚を求める理由として妻の暴言、暴行を挙げたが、今回の告訴はこれに加えて趙氏の処罰を求めたものだ。

 趙氏は2010年10月に小学校の同級生だった美容整形外科医の夫と結婚し、双子をもうけた。

 夫は趙氏の暴言・暴行で苦痛を受け、14年に趙氏が大韓航空旅客機内で客室乗務員のナッツの出し方に怒って滑走路に向かっていた機体を引き返させたいわゆる「ナッツ・リターン事件」以降、暴行の頻度が増して結婚生活を維持できなくなったと主張してきた。2人は17年5月から別居している。

 告訴状によると、趙氏は「死ね」と大声を上げながら夫の首を絞めたほか、タブレットPCを投げつけ、足を負傷させた。

 また、子どもが食事をするのが遅いとして箸やスプーンを投げたり、寝つきが悪いという理由で暴言を吐いたりするなどの虐待を行ったとされる。夫は離婚訴訟とあわせて子どもの養育権を求める訴訟も起こしている。

 このほか、夫は趙亮鎬会長と長男の趙源泰(チョ・ウォンテ)氏、趙顕娥氏、次女の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏が保有する韓進グループ内のファミリー企業の株式を特定の企業に無償で譲渡したことを巡り、背任などの疑いがあるとも主張している。

 一方、趙氏側は自身の暴言・暴行ではなく夫のアルコール中毒により結婚生活が困難になったと反論している。子どもを虐待したとの主張に対しては事実無根だと否定した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年02月20日 09:54

関連記事

PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスン電子、企業評価調査でトップ
HDC、エアプサン再売却するか
ASTROムンビン治療に専念
韓日が例年通り情報交流会議開催
釜山でASEAN諸国の文化を紹介
シウォン、ユニセフの親善大使に委嘱
SEVENTEEN日本ドームツアー
来年のドラマ 兵役後の復帰にも注目
大学入試14日 航空機離着一時禁止
イ・ビョンホン、北朝鮮要員に変身
週間アクセスランキング
コスパいいレストラン60店を発表
19.11.07
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
IZ*ONE、結局カムバックも延期
19.11.08
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
元2NE1のCL、YGと契約終了
19.11.08
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]