韓国旅行「コネスト」 「北朝鮮は敵」1年で急減 小中高生意識調査。韓国の政治ニュース
KONEST

「北朝鮮は敵」1年で急減 小中高生意識調査

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【世宗聯合ニュース】韓国の小中高生は北朝鮮を敵ではなく警戒しながらも協力すべき対象だと考えていることが12日、教育部と統一部の「学校統一教育実態調査」で分かった。

調査は昨年10~12月に全国の小中高校597校の児童と生徒8万2947人を対象に行われた。

 「北がわれわれにとってどんな対象だと考えているか」との質問に対し、「敵と考えるべき対象」との回答は5.2%にとどまった。前年調査の41.0%から大幅に減少し、北朝鮮に対する否定的なイメージが改善されたことがうかがえる。

 一方、28.2%は「警戒すべき対象」と答えた。「協力すべき対象」との回答は前年の41.3%から50.9%に、「助けるべき対象」との回答は10.8%から12.1%にそれぞれ増加した。

 「北といえばどのようなイメージを思い浮かべるか」との質問に対し、「戦争・軍事」との回答が29.7%で最も多かった。前年調査で49.3%に上った「独裁・人物」は26.7%にとどまった。「韓民族・統一」は8.6%から24.9%に増えた。「貧困」(7.2%)や「支援・協力」(1.7%)との回答も前年より増えた。

 「南北統一がいつごろ可能だと考えているか」との質問には「6~10年以内」が31.3%で最も多かった。「5年以内」は16.4%だった。

 また、学年が上がるほど統一に対し慎重になり、現実主義的な態度を示すことも分かった。

 「統一が必要だ」と答えた小学生は73.9%に上るが、高校生は54.6%にとどまった。

 統一が必要な理由も、小学生は「歴史的に同じ民族だから」(27.4%)が、高校生は「わが国の力がより強くなれるから」(26.0%)が最も多かった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年02月12日 12:00
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者672人
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
パクソジュンら主演映画クランクイン
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]