韓国旅行「コネスト」 韓国の人気職業に変化…医師・検事も抜いた「子女に希望する職業1位」は?。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国の人気職業に変化…医師・検事も抜いた「子女に希望する職業1位」は?

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
厳しさが増す就職と経済不況によって、公務員が「子女に希望する職業1位」に君臨した。

求人求職マッチングプラットホーム「サラムイン」は、会社員625人を対象に将来子女に希望する職業選好度調査を実施した結果、1位は「公務員」(31.4%)だったと11日、明らかにした。

「公務員」は昨年に続いて連続1位を占めた。続いて「医師・看護師・薬剤師など医療関係者」(21.6%)、「検事・判事・弁護士など法曹人」(17.8%)が2・3位を占めた。次に「会社員」(15%)、「教師・教授など教育者」(15%)などが上位圏に入った。

自分と同じ職業に子女が従事することを望むかどうかについては61.9%が「反対する」という意見だった。その理由に「所得が低いほうだから」(46.3%、複数回答)を真っ先に挙げた。その後を「ストレスがかなり高いから」(34.6%)、「職業の発展可能性が低いから」(33.6%)、「仕事そのものが大変だから」(26.1%)、「定年を保証されていないから」(22.5%)、「未来は不人気職業になりそうで」(20.2%)などが続いた。

反面、「現在、本人の職業に子女が従事してもいい」と考える回答者はやはり「公務員」(66.7%)の比重が最も大きかった。続いて「IT/インターネット関連開発者」(46.2%)、「デザイン」(45.7%)、「流通業」(44.8%)、「技術職」(44.2%)などとなった。

会社員は今後子女が「進路拡張の多様性が保障された職業」(45.9%)よりも「安定的で長く働ける職業」(54.1%)を持つことを望んでいた。

だが、それにもかかわらず将来に子女が職業を選ぶ時に最も重要視して考慮してほしいと考えている事項は「個人の指向および興味」(38.1%)を1番目に挙げ、続いて「適性および特技」(25%)、「安定性(持続性)」(18.7%)、「高い年俸(経済力)」(8%)、「未来成長性」(5%)などを挙げた。

サラムインのイム・ミヌク・チーム長は「人生において仕事が占める割合は非常に大きいため、職業を選択するにあたり慎重でなければならない」とし「長く満足感を感じながら働くには、何よりも本人の適性と興味が最も重要なため現実的な条件も重要だが、子女の考えや適性をしっかりとつかんで指導することが必要」と付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年02月12日 12:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国語能力試験の志願者数が過去最多
解散の元X1メンバー、ファンミ開催
カンジャンケジャンの悲しい詩とは?
麟蹄ワカサギ祭り、18日から開催
韓流イベントKCON、幕張メッセで
政府「北朝鮮個人旅行」前向きに検討
韓国野球、世界ランキング3位を維持
シム・ウンギョン、日本で主演女優賞
地下鉄9号線の運行体系変更
外国人客対象のコリアグランドセール
週間アクセスランキング
地下鉄9号線の運行体系変更
20.01.16
シム・ウンギョン、日本で主演女...
20.01.17
カンジャンケジャンの悲しい詩と...
20.01.17
EXOチェン、結婚と相手の妊娠発表
20.01.13
女優ソン・ソンミが訴訟2審でも...
20.01.15
COPYRIGHT ⓒ 2020 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]