韓国旅行「コネスト」 韓国語能力試験 23年からスピーキング評価導入。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国語能力試験 23年からスピーキング評価導入

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
外国人向け韓国語能力試験(TOPIK)に2023年からスピーキング評価が導入される。

同試験は昨年、76カ国・267地域で行われた。計32万9224人が受験し、初めて30万人を超えるなど、受験者が急増している。

韓国の大学・大学院に入学する外国人、韓国企業に就職する外国人や滞在ビザを取得する外国人らのほとんどが同試験で韓国語能力を証明する。

ただ、現行の試験(聞き取り、読解、書き取り)ではスピーキング評価がなく、大学や企業、受験者からスピーキング評価の導入が必要との声が上がっていた。

同試験を主管する国立国際教育院はスピーキング評価のため、IBT(インターネットを使ったテスト形式)システムを構築する方針だ。

23年に年2回の試験に計5000人を対象に実施し、24年に1万人、25年に2万人、27年に5万人と拡大していく。テスト試験は韓国内で実施し、安定性が確保されれば海外でも行う。中国や日本、ベトナムなど受験者数が多い国から実施する。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2019年01月20日 10:34
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]