韓国旅行「コネスト」 不況に最低賃金引き上げ…韓国で24時間営業のコンビニ消えゆく。韓国の経済ニュース
KONEST

不況に最低賃金引き上げ…韓国で24時間営業のコンビニ消えゆく

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
コンビニエンスストアのイーマート24は昨年1313店の新規店舗を出した。このうち店主が24時間営業を選択したのは132店で10%にとどまった。残りの1181店は夜12時から午前6時まで閉店する。イーマート24関係者は「今年に入って店舗を出した店主のうち24時間営業を選択したところはほとんどない」と話す。

24時間営業の代名詞であるコンビニが深夜時間の営業をやめている。最低賃金、賃貸料などコンビニ運営コストが急激に上がった上に景気不況まで重なり深夜売り上げが振るわないためだ。

イーマート24が16日に明らかにしたところによると、昨年24時間営業をしていない店舗の割合は77.1%に達した。2017年の68.2%から大幅に増えた。昨年の新規店舗の約90%が24時間営業を断念した影響が大きかった。

韓国国内に3700店を展開するイーマート24は、営業時間を店主の自律に任せている。24時間営業時に本社に払うロイヤルティーを下げ、電気料金など補助金を出して24時間契約を最大限誘導する他のコンビニとは異なる。このためイーマート24の24時間営業店舗の割合は店主の実際の需要を反映する。

店主は最低賃金引き上げが最も負担になると話す。昨年ソウル・登村洞(トゥンチョンドン)にイーマート24を新たに出店した加盟店主は「最近は夜遅くまで会食したり会合をする人がほとんどおらず、夜10時を過ぎればお客はまばらだ。人件費も出ないと考え夜12時を過ぎたら閉店する」と話した。コンビニ業界1位のCUで24時間営業をしていない店舗の割合は2016年の10%から昨年末には19%まで増えた。GS25で24時間営業をしないと本社に要請した店舗は2016年が182店、2017年が211店、昨年が223店と着実に増加している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年01月17日 09:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国料理2店が4年連続が三つ星獲得
ソン・ジヒョ、ソン・ホジュンと共演
BLACKPINK、次世代スターに
オーディション番組の関係者2人送検
AOAが5人組で1年半ぶりに復活
VIXXレオ12月社会服務要員服務
LINEとヤフーが経営統合の準備中
チェ・ジョンフンに懲役5年を求刑
2AMジヌン交際発覚、その相手は?
ソウル市スクランブル交差点を2倍に
週間アクセスランキング
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
19.11.13
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
2AMジヌン交際発覚、その相手は...
19.11.13
IZ*ONE、結局カムバックも延期
19.11.08
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]