韓国旅行「コネスト」 ガールズグループApink、脅迫犯を「インターポール赤手配」。韓国の芸能ニュース
KONEST

ガールズグループApink、脅迫犯を「インターポール赤手配」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ガールズグループApinkが自身らを脅迫した脅迫犯に対して国際刑事警察機構(インターポール)の捜査が進められていると明らかにした。

Apinkは6日午後3時、ソウル・オリンピック公園SKハンドボール競技場で開かれた8枚目のミニアルバム発売の記者懇談会で脅迫犯に対する捜査に関して質問を受け「現在、脅迫犯がカナダ警察によって手配されている状況で、インターポールの捜査が進められている」と話した。

その後、所属事務所関係者は「現在の脅迫犯はカナダに住む米国人で、身辺が確認されインターポールの赤手配も発行された。また、法的には起訴中止になっている」と明らかにした。

また「脅迫犯による被害が深刻であるため、厳しい捜査を求める予定」と説明した。

この脅迫犯は2017年6月に警察と所属事務所に電話して「Apink所属事務所を訪ねてメンバーを刃物で殺害する」と脅迫した。日付や時間、場所、殺害方法まで具体的だった。脅迫された後、所属事務所は警察に通報して調査を進め、私設警護会社に警護を依頼した。

この脅迫犯は「刃物で殺害する」という脅迫を「爆発物設置」に方法を変えて脅迫を続けた。同年6月30日には永登浦(ヨンドンポ)警察署に電話をかけて「KBS新館事前録画室に爆発物を設置した」と明らかにしたこともある。このような脅迫で当時、傍聴のために集まっていた約150人が避難する騒ぎも起きた。警察は傍聴客を避難させて捜索を進めたが、爆発物は見つからなかった。

2017年7月10日、KBSによると、Apinkを脅迫した脅迫犯は警察に電話をかけて「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が気に入らない」として青瓦台(チョンワデ、大統領府)を爆破すると脅迫したこともある。これを受け、警察は同年7月にインターポールに赤手配書の発行を要請した。

その後9月と10月、11月にもApinkが公演する公演会場に爆発物を設置したという電話がかかってきてイベントが先送りされる事件があった。2018年1月にはApinkのサイン会に爆発物設置の電話がかかってきてイベントが取り消しされたこともある。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年01月07日 10:55
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
2AMジヌン交際発覚、その相手は?
カン・ダニエル4カ月ぶり新曲発表
ソウル市スクランブル交差点を2倍に
イ・ヨンエがBTS公演会場で撮影
サムスン電子、企業評価調査でトップ
HDC、エアプサン再売却するか
ASTROムンビン治療に専念
韓日が例年通り情報交流会議開催
釜山でASEAN諸国の文化を紹介
SEVENTEEN日本ドームツアー
週間アクセスランキング
コスパいいレストラン60店を発表
19.11.07
アシアナ航空買収 現代産業vs愛...
19.11.08
18年韓国で一番売れた飲み物は?
19.11.11
IZ*ONE、結局カムバックも延期
19.11.08
元2NE1のCL、YGと契約終了
19.11.08
COPYRIGHT ⓒ 2019 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]