韓国旅行「コネスト」 女優イ・ヨンエ、「双子を出産した病院」閉院危機に処した病院の買収に出た。韓国の芸能ニュース
KONEST

女優イ・ヨンエ、「双子を出産した病院」閉院危機に処した病院の買収に出た

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
女優イ・ヨンエが閉院の手順に入ったソウル忠武路(チュンムロ)第一(ジェイル)病院の買収コンソーシアムに参加する。

イ・ヨンエの所属事務所のグッドピープル関係者は1日「第一病院が法廷管理の申請を通じて回復手続きに入ることになれば、イ・ヨンエなど数人が病院を買収する計画をたてている」とし「まだどのくらい進んでいるか明らかにすることは難しい」と明らかにした。

イ・ヨンエは双子の兄弟姉妹を2011年2月、第一病院で出産した。その後にもこの病院の産婦人科と小児青少年科を利用してきた。イ・ヨンエは普段、知人に「第一病院は子供たちの故郷のような所」としながら特別に考えてきたという。イ・ヨンエは出産直後、病院に多文化家庭の妊婦のために1億5000万ウォン(約1470万円)を寄付したこともある。昨年初め、病院の事情が厳しいという事実が知らされ、回復する方法を悩んできた。

第一病院は韓国最初の女性専門病院だ。産婦人科専門医である故イ・ドンヒ博士が1963年に設立した。難妊手術の成功率が高く、出産システムがよく整えられており高危険妊婦が多く訪れる病院で名を馳せてきた。毎年1月1日になるとその年に一番初めて生まれた子どもを報じるために取材陣が第一病院に集まった。

第一病院は2000年代中盤から経営難を強いられてきた。少子化により出生数が減った影響もあるが、医療界では「最近、無理な投資が直撃弾だった」という見方が多い。この病院前職員は「病院の経営状態が良くない中でビルのリニュアルなどに大きな資金を投資した」と話した。このような状況が知らされ、昨夏から妊娠初期・中期の妊婦相当数は他の病院に転院するなど、患者の離脱が激しかった。先月29日からは外来診療と検査をいずれも中断し、事実上病院の営業が中断されていた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2019年01月02日 10:53
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ポン・ジュノ監督、米憎悪犯罪に言及
サムスン電子が大規模な中途採用実施
BTS日本曲ビルボードチャート入り
JYPが手がけるITZYの新曲
韓国の新規コロナ感染者731人
失業率悪化も、就業者数はプラスに
韓国女子サッカー東京五輪出場ならず
ソウル市長 政府と異なる防疫措置
スター着用衣装など 韓服展示会開催
ユン・ヨジョン、授賞式前に思い語る
週間アクセスランキング
ソウル市 月2で肉無し学校給食
21.04.08
ソウルの新市長にオ・セフン氏が当選
21.04.08
LINE ジスとキャラクター開発
21.04.09
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]