韓国旅行「コネスト」 米国主流社会に受け入れられた韓国「辛ラーメン」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

米国主流社会に受け入れられた韓国「辛ラーメン」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
最近は米国の議会とペンタゴン(国防総省)の売店では韓国農心(ノンシム)の「辛ラーメン」を購入できる。「辛ラーメンブラック」は米シアトルのアマゾンで袋麺では唯一販売されている。コストコやクローガーなど大型流通店でも人気アイテムに定着した。韓国系やアジア系移民者の共同体レベルを越えた拡張だ。

農心側は「辛ラーメンはメインストリーム(主流)が知って買っていくグローバル製品になった」とし「おかげでメインストリームへの販売が今年34%も増える見込み」と伝えた。

海外全体の販売増加率は18%ほどだ。米国メインストリームの売上増加率が倍近く高い。中国の増加率(23%)と比べてもはるかに高い。このため売上比率にも変化が生じた。以前まではメインストリームとアジアマーケットの比率が5対5だった。しかし今年は6対4に変わる可能性が高い。

辛ラーメンの辛さが南米の辛さと違う点などが人気の要因だ。農心がウォルマート約1300店舗で実施した購買動機調査の結果によると、消費者は「他の商品では味わえない深みある辛さ」と「一食として遜色のない品質」を最も多く選んだ。会社側は「K-POPなど韓流ブームを寄与した」と説明した。

米国メインストリームの辛ラーメン人気は、農心が本格的に米国に進出してから約20年間の成果だ。農心は1994年に米国に現地法人を設立した。2005年にはロサンゼルスに現地工場を建設した。主にアジア系が多く暮らす米国西部と米国全域の韓国系コミュニティーが主なターゲットだった。しかし昨年からはウォルマートなど大型流通チャンネルを通じて攻撃的に販売し、メインストリームの売上比率が高まった。

農心は今月の現地工場増設を契機に米国市場での販売にさらに拍車を加えるという。特に2019年にはカップ麺で米主流社会に浸透させる計画だ。可能性は十分にある。米ラーメン市場は年間およそ12億ドルで、カップ麺と袋麺の比率が半々だ。米国では電子レンジを利用した食品調理が一般化している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2018年12月29日 13:46
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者2日連続400人超
ワクチン初日に1万8489人が接種
3月から留学生健康保険の加入義務化
クラブハウス韓国でDL30万突破
ヒョンジン 学生時代のいじめを謝罪
「KCON:TACT3」出演者決定
1月の映画観客数と売上高 過去最低
新型コロナワクチン韓国で接種始まる
コロナ防疫レベル2週間据え置き
2032年南北五輪へ「努力続ける」
ネトフリ韓国コンテンツに巨額投資
週間アクセスランキング
気分だけでも日本旅行 チェジュ航空
21.02.22
女優ク・ヘソンが自身の離婚に言及
21.02.23
ジェニーとGDに熱愛報道 
21.02.24
コロナが変えた なりたい職業1位
21.02.24
INFINITEのエル海兵隊に入隊
21.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]